ココイチで独立の評判は?仕組みや成功談や失敗談、年収解説!

ココイチは1軒の喫茶店からスタートして、現在は国内と海外を含めて約1444店舗を展開している世界最大のカレーハウスチェーンになっています。

ココイチでは、独立開業できるということでフランチャイズ店が増加しています。

ココイチで独立の評判とフランチャイズの仕組みや成功談や失敗談、気になる年収を見ていきます。

スポンサーリンク



ココイチで独立開業した評判は?

ココイチで独立開業した方や独立開業を検討した方の口コミ評判をまとめてみました。

他のフランチャイズとは比べ物にならないくらい教育システムがしっかりしている、自己資金が少額なこととロイヤリティが不要なことが良い、他のカレーチェーンよりも堅実で優れたフランチャイズと言う良い評判がある一方で、経営を続けていくと不便に思うことが増えたり、接客管理や衛生管理などが大変だという口コミ評判があります。



ココイチのフランチャイズの仕組みは?

ココイチで独立開業するには、正社員として壱番屋に入社する必要があります。

独立資金を貯めながら、調理や接客、店舗運営のノウハウなどを学んで、独立できるだけの資金と能力を身につけてようやく独立開業することができます。

壱番屋に正社員として修業して独立するまでの期間は、最短で3年、長い人で7年と人によってそれぞれですが、正社員として独立開業までの修業をするので失敗が少ないという成功談も多いです。


ココイチのフランチャイズはロイヤリティは一切ありません。

但し、本部からカレーソースや具材を購入する必要はありますが、負担はかなり少なくなります。




ココイチで独立開業した人の年収は?

ココイチで独立開業した人の年収はいくらなのか調べてみました。

壱番屋で正社員として修業している人の年収は、300万から400万円ぐらいで、独立開業するための資金として200万円を貯めていく必要があります。


壱番屋で正社員として修業し、独立できるだけの資金と能力を身につけて独立開業した人の平均の年収は、ローンの返済を差し引いても1000万円と言うことがわかりました。

オーナーになるまでの年数や厳しい等級制度をクリアして厳しい業務に耐え、従業員の管理や衛生管理、店舗の運営がうまくいき、お客さんから愛されている店舗のオーナーになれば年収1000万円以上も夢ではありません。




ココイチで独立開業した人の成功談や失敗談は?

ココイチで独立開業した人の成功談や失敗談を調べてみました。

事件や風評被害によってブランドイメージが悪くなって廃業に追い込まれるという失敗談はありますが、ほとんどの失敗談は、独立した本人がお店のお金を使いこんでローンの返済などが出来なくなったという店舗のオーナーが原因でした。


調べて出てくるのは成功談ばかりです。

本部からのバックアップやスーパーバイザーなどが独立後も相談に乗りますし、ロイヤリティが無いので失敗談が少ないです。

スポンサーリンク


ココイチで独立の評判は?【まとめ】

ココイチで独立した評判やフランチャイズの仕組みや独立後の成功談や失敗談、気になる年収などを見てきました。

ココイチで独立開業するには、壱番屋で正社員として最短で3年長い人で10年、開業資金を貯めながら、独立するための資金と能力を身につけなければいけません。

オーナーになるまでの年数や厳しい等級制度をクリアして、厳しい業務に耐えられなければ独立は難しいという口コミ評判もあります。

独立するまでの道のりが長くて厳しい分、失敗が少ないと言われています。

ココイチで独立を考えている人は、フランチャイズの詳しい仕組みなどが載っているサイトがありますので参考までにチェックしてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA