青椒肉絲に使う牛肉はどの部位がおすすめ?切り方や下味についても解説!

青椒肉絲はお肉、ピーマン、タケノコを使って作られる中華料理です。

おかずの一つとして食べるだけでなく、ご飯の上に乗せてどんぶりにしてもおいしいですよね。

日本では青椒肉絲は豚肉でも牛肉でも作られますが、本場中国では青椒肉絲と言えば豚肉です。


牛肉を使って作られたものは青椒牛肉絲と呼ばれます。

この記事では青椒肉絲を作る時に、おすすめする牛肉の部位について解説します。

豚肉で作ってもおいしい青椒肉絲ですが、牛肉で作ると旨みがさらにアップ!

具材の切り方やお肉の下味のつけ方も解説しますので、ぜひお家で青椒肉絲を作る時はこの記事を参考にしてくださいね。



スポンサーリンク




青椒肉絲を作る時におすすめの牛肉の部位

お家で青椒肉絲を作る時には、モモ肉や肩ロース肉の塊を使うのがおすすめです。

一般的に肩ロース肉と比べて、モモ肉は脂肪が少なく、カロリーが低いとされています。

肩ロース肉は食感と濃厚な味わいを楽しむことができる部位です。

ご自分や家族の好みに合わせて購入してみましょう。

塊肉を買ってもたくさんチンジャオロースを作るわけではないから余ってしまいそう、という方には焼肉用の牛肉を使うのをおすすめします。

焼肉用の牛肉はあらかじめある程度の厚みでスライスされているので、塊肉より手軽に調理することができます。

買う量も調節しやすいので、なるべく一つのメニューで牛肉を使ってしまいたいという人は焼肉用のお肉を買ってみてはいかがでしょうか。



青椒肉絲を作る時の食材の切り方は?

青椒肉絲といえば、全ての具材が細長く切ってあるイメージがありますよね。

「絲」は細切りのことを指しているそうです。

具材を細切りすることで、均一に火が通り、見た目もきれいな青椒肉絲を作ることができます。

ここではお肉、ピーマン、タケノコの切り方について解説します。

マッチ棒をイメージしながら、細切りしていくといいですよ。

モモ肉や肩ロース肉の塊を使う時はまず塊肉を薄切りにし、その後5mmくらいの幅に切りましょう。

お子さんやご高齢の方が召し上がる場合には、長さを短めにするなど食べやすいように調整してくださいね。

焼肉用の牛肉を使う場合も、同じように5mmくらいの幅に切ってください。

あらかじめ薄くスライスされているので、準備が楽になりますよ。

ピーマン、タケノコは牛肉と同じ幅に切りましょう。

ピーマンは縦に細切りすることで、シャキシャキとした食感を残すことができますよ。

青椒肉絲に入れるタケノコは、根本側の部分を使うのがおすすめ。

根元部分を繊維に沿って細切りにしてくださいね。

あらかじめ細切りされているタケノコがスーパーで売られていることがあるので、時短をしたい時はそれを使っても良いでしょう。


細切りにした牛肉はどう下味をつける?

牛肉を細切りにしたら下味をつけます。

細切りにした牛肉はボウルなどに入れておきましょう。

約200gの牛肉に対して、以下を参考に下味をつけてくださいね。

・料理酒…大さじ1
・塩こしょう…少々
・片栗粉…適量

料理酒と塩こしょうを入れたら、一度しっかりと全体をよく混ぜます。
その後、片栗粉を適量加えてください。

この片栗粉は旨みを閉じ込める役割を果たします。

粉っぽくならない程度に加え、よく混ぜましょう。

これで牛肉の下味は完了です。



スポンサーリンク




青椒肉絲の牛肉の部位について【まとめ】

青椒肉絲に使う牛肉について解説しました。

牛肉はモモ肉や肩ロースの塊を使ってもいいですし、もっと手軽に作りたい場合は焼肉用のお肉を使うのがおすすめです。

お好みに合わせてお好きな部位を使ってみてください。

切った牛肉にはしっかり下味をつけてくださいね。

また青椒肉絲と言えば、全ての具材が細長く切ってあることが特徴です。

マッチ棒をイメージしながら具材を切ってみるといいでしょう。

この記事を参考にして、お家でおいしい青椒肉絲を作ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA