ホイコーローの具材って何?定番食材からアレンジ食材までご紹介!

ホイコーローは日本で人気のある中華料理の1つです。

ご飯とよく合うホイコーロー、好きな方も多いのではないでしょうか。

漢字では回鍋肉と書き、一度ゆでた豚肉を再度鍋に戻して調理するというのが由来だそうです。


ホイコーローを家で作りたいと思ったけれど、具材に何を使えばいいのか分からず悩んでしまった方もいるかもしれません。

この記事ではホイコーローの具材や食べ方のアレンジについてご紹介します。

定番食材以外のホイコーローに合う野菜についてもご紹介するので、料理の際の参考にしてみてくださいね。




スポンサーリンク



中華の定番!ホイコーローの具材は?

ホイコーローの基本的な具材は豚肉、キャベツ、ピーマン、長ネギです。

どれもスーパーマーケットですぐ手に入る食材ですね。

お肉は豚バラや豚こまを使うといいでしょう。

野菜を大きめに切ることで、食べ応えのあるホイコーローになります。

ホイコーローの味付けで大事なのが甜麺醤(テンメンジャン)。

中華料理で使われる調味料で、甘さが特徴的な味噌です。

ホイコーローの素はたくさん市販されていますが、自分で調味料をそろえてホイコーローを作ってみたいという方はぜひ買ってみてください。

ホイコーロー以外にも野菜炒めやジャージャー麺の具材の味付けに使ったり、蒸し鶏にかけて食べたりと使いどころはたくさんありますよ。

他にもホイコーローに合う野菜はある?

冷蔵庫の野菜室を開けてみると、使いかけの野菜が見つかることはありませんか?

ホイコーローを作る時に使いかけの野菜も消費できるといいですよね。

ここでは定番の具材以外にも、ホイコーローに合う野菜をご紹介します。

タマネギ

タマネギが半分だけ残っていて何に使うか悩んでしまった時は、ホイコーローに入れてしまいましょう!

タマネギをホイコーローに入れる際は、くし切りや1cm幅に切って使います。

炒め始めるとタマネギをほぐすのが難しくなるので、炒める前に手でほぐしておきます。


ニンジン

ニンジンも半端に残りがちな野菜の1つですが、ホイコーローに入れると彩りが鮮やかになります。

ニンジンを使う時は短冊切りにします。

火が通るのに時間がかかる食材なので、2mmくらいの厚さにしましょう。

ニラ

本場中国のホイコーローは葉ニンニクを使って作られます。

葉ニンニクに似ているニラはホイコーローによく合う食材です。

ニラを入れる時は5cmくらいの長さに切って使いましょう。

スタミナ満点のホイコーローになりますよ。

他にもジャガイモ、アスパラガスなどホイコーローにはさまざまな食材を使うことができます。

ぜひ、旬の食材を使ってホイコーローを作ってみましょう。

使う時は火の通りのことを考えて、食材ごとに厚みを調整してくださいね。

ホイコーローの食べ方をアレンジ

ホイコーローを食べる時、少し味が濃いなと思ったことがある方もいるのでは。

そんな方にはすき焼きのように、ホイコーローを生卵につけて食べるのをおすすめします。
ホイコーローをあっさり食べることができますよ。

ご飯の上にホイコーローを乗せて、生卵や温泉卵をトッピングして丼にして食べてもおいしいです。

ホイコーローはうどんとの相性もばっちり。

豚肉と野菜を炒めた後に、チルドうどんや解凍した冷凍うどんを加えて味付けをします。
一皿で満足できるので、休日のお昼におすすめのメニューです。



スポンサーリンク




ホイコーローの具材!まとめ

ホイコーローの定番の具材、それ以外にも合う野菜、食べ方のアレンジについてご紹介しました。

ホイコーローの基本の具材は、豚肉、キャベツ、ピーマン、長ネギです。手に入りやすい食材なので、調味料さえあればすぐに作れそうですね。

上記以外にもタマネギやニンジン、ニラを使ってもおいしく作れます。

他の野菜も合うものが多いので、季節の野菜をふんだんに使ってボリュームたっぷりなホイコーローを作ってみるのもいいかもしれません。

最後にホイコーローの食べ方のアレンジについてご紹介しました。生卵につけて食べたり、うどんも一緒に炒めたりするとおいしいですよ。



さまざまな具材、食べ方でおいしくホイコーローをいただきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA