カレーうどんにもう一品!おすすめの副菜4品を紹介!

カレーうどんですが、いつも一品で済ませてしまうことは多くありませんか?

もちろん一品でも十分満足できますが、少しもの足りない時も。今回はカレーうどんに合うおすすめの副菜4品をご紹介します。身近な食材を使用した手間なしの簡単レシピも合わせて紹介いたします。



カレーうどんの献立をどうしたら良いかお悩みの方、もう一品欲しい時に参考にしてみてください。



スポンサーリンク




カレーうどんにもう一品おすすめ4選

ハムときゅうりだけのシンプルなポテトサラダ

カレーうどんのもう一品。おすすめの1つ目の副菜はポテトサラダです。

ホクホクのじゃがいもとマヨネーズで作るポテトサラダはカレーとの相性は抜群。マヨネーズの風味とカレーって良く合いますよね。

またポテトサラダは付け合わせだけでなく、トッピングとして混ぜて一緒に食べるケースもあります。今回はカレーうどんにあうハムときゅうりだけのシンプルなポテトサラダをご紹介します。


【材料】
・じゃがいも 2~3個
・きゅうり 1本
・ハム 2枚
・お酢 小さじ2~3 
・マヨネーズ 大さじ4~5
・塩・こしょう 少々
【調理方法】
①じゃがいもは皮をむいて8等分に切り、水をひいた鍋に投入。
②じゃがが煮えたら湯切りし、水分を飛ばしながらじゃがいもを潰します。
③潰し終えたじゃがいもに「お酢(小さじ2〜3杯)」を加え、冷まします。
④きゅうりは薄くスライスし塩を加えてよく揉んでおきます。
⑤ハム半分にカットし、5mm幅に切ります。
⑥ボールにじゃがいも、きゅうり、ハムを全て合わせ、マヨネーズを投入。
⑦最後に塩、こしょうで味を整えたら完成です。

程良い酸味のミニトマトのマリネ

カレーうどんのもう一品。おすすめの2つ目の副菜はトマトのマリネです。
カレーうどんを食べている際の箸休めとして、程良い酸味が食欲をそそるトマトのマリネ。
作り方は材料を混ぜるだけの簡単な副菜です。手軽に何かもう一品。そんな時に試す価値あります。

【材料】
・プチトマト 10~15個
・お酢  大さじ1
・レモン汁 大さじ1
・オリーブオイル 大さじ1
・砂糖 小さじ1/2
・塩 小さじ1/4
・コショー 少々
【調理方法】
①プチトマト以外の調味料をよく混ぜ合わせ、マリネ液を作ります。
②プチトマトは半分に切る。
③切ったプチトマトとマリネ液をよく混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やして完成です。
ちょっと酢っぱめのマリネ液ですが、プチトマトに漬けると酸っぱさはそんなに感じません。

やみつきキャベツ

カレーうどんのもう一品。おすすめの3つ目の副菜はやみつきキャベツです。

居酒屋や焼肉屋でも出てくる「塩キャベツ」です。塩だけでなくニンニクとゴマ油、昆布茶粉末をポリ袋に入れて味を馴染ませるだけ。手間もかかりません。

キャベツのパリパリ感とニンニクとゴマ油の風味は喉越しの良いカレーうどんにとって絶妙に食欲をそそります。やみつき間違いなしの一品です。


【材料】
・キャベツ 1/4個
・塩 小さじ1/4〜⅓
・チューブニンニク 小さじ1/2
・昆布茶粉末 小さじ1
・ゴマ油 大さじ1
・ブラックペッパー 少々(お好みで入れても)
【調理方法】
①キャベツは適当に千切りもしくはざく切りにします。
②全ての調味料と切ったキャベツをポリ袋に入れます。
③軽く揉み15〜20分置いておきます。味が馴染んだら完成。
お好みでブラックペッパーをかけると風味が増します。

とろろご飯

カレーうどんのもう一品。最後の副菜はとろろご飯です。

豊橋カレーうどんにはカレーうどんの下にとろろご飯が入っている名物もあり、スパイシーなカレーとマイルドなとろろは相性も良いです。

そのまま食べても良いですし、うどんを食べ終えた後のスープをとろろご飯にかけても格別です。カレーうどんだけでは物足りない方には満足できるおすすめの一品です。


【材料】
・長芋 150g~
・卵 1個
・濃縮めんつゆ 大さじ2
・青のり おこのみで
【調理方法】
①長いもの皮をピーラーでむき、おろし器ですりおろしてます。
②すった長芋に、めんつゆと卵を投入します。
③しっかり空気を含ませる感じで混ぜたら完成です。
お好みで青海苔をふりかけても美味しいです。




スポンサーリンク



カレーうどんにもう一品【まとめ】

今回はカレーうどんにもう一品を追加する場合のおすすめ副菜をご提案いたしました。
以上の4品がおすすめの副菜でしたがいかがだったでしょうか。

今回は家庭にある食材で手間をかけずに簡単に作ることのできる副菜の紹介でした。
普段、カレーうどんだけで済ませている方に是非一度、試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA