とんかつの衣は天ぷら粉で代用できる?小麦粉がない時の救世主です!

とんかつの衣を作るのに小麦粉は不可欠ですが、いざ作ろうと思ったら小麦粉がない!
そんな時に天ぷら粉があれば、問題なく代用できます。

天ぷら粉を水で溶いてバッター液として豚肉をくぐらせ、そこにパン粉をまぶして揚げればOKです。

天ぷら粉は小麦粉ベースで作られており、粉末にした卵や加えているので、問題なくとんかつが出来ます。


ベーキングパウダーも配合しているので食感がサクサクになりますし、しかも調理の工程も少なく済むというメリットもあります。

天ぷら粉はバッター液の代用として使うほかにも、色々な使い方があります。

お好み焼きや、お菓子作りにまで応用出来るので、合わせて本文で紹介していきますね。



スポンサーリンク




とんかつの衣は天ぷら粉で代用できる?

そもそも天ぷら粉とは?

天ぷら粉は、水で溶くだけで天ぷらの衣として使えるように調整した粉、いわゆるミックス粉です。

原材料は小麦粉をベースに、卵黄粉、卵白粉、でん粉、ベーキングパウダーなどで、天ぷらが色よくカラッと揚がるように配合されています。

天ぷら粉に使われる小麦粉は、比較的グルテンの少ない薄力粉です。中力粉や強力粉といった小麦グルテンの多く含まれる粉だと、天ぷらがカラッと揚がりにくくなってしまいます。

とんかつの衣に使う小麦粉も薄力粉なので全く問題ないといえます。

天ぷら粉の詳しい代用方法

一般的な天ぷらの衣を作る場合は、天ぷら粉:水の割合は1:1.5~6程度(天ぷら粉100gに水150~160㏄)です。

フライやカツ用のバッター液として使う場合は、水の分量は気持ち多めにします。水を入れすぎるとパン粉が付きにくくなりますし、水が少なすぎても重たい厚い衣になってしまいます。

とんかつに使うお肉を筋切りして下味をつけたら、天ぷら衣で作ったバッター液にくぐらせてパン粉を全体にまぶします。

余分なパン粉をはたき落として、170~180℃に熱した油で揚げれば、とんかつの出来上がりです。

パン粉をまぶすところからの工程は全く同じなので、小麦粉がなくとも天ぷら粉で十分代用が出来ます。


天ぷら粉を使うメリット

とんかつを揚げる時、小麦粉の代わりに天ぷら粉を使うメリットは以下の通りです。

調理の工程が減る

小麦粉、卵、パン粉をそれぞれ付けていくと3工程になりますが、天ぷら粉でバッター液を作ると、衣をつける作業が2工程で済みます。

とんかつを作る時の手間のハードルが少し下がりますね。

ベーキングパウダーでカラッと仕上がる

天ぷら粉にはベーキングパウダーが含まれていて、天ぷらの衣をカラッとさせる働きがあります。
とんかつに応用すると、よりサクッと軽い食感になります。

天ぷら粉には卵もベーキングパウダーも入っていますので、とんかつなどのフライものを揚げる際にデメリットになることは全くありません。


片付けが楽になる

とんかつを作った後で面倒になるのが、余った衣の片付けですよね。とんかつの衣に使った小麦粉や卵液、パン粉は余っても応用しづらいですし、捨てるにも勿体なくて抵抗があります。

天ぷら粉で作ったバッター液なら、捨てる作業も1工程減りますし、使いたい分だけ計って作れるので片付けも少し楽になります。

天ぷら粉を使うことで時短にも繋がりますね。


天ぷら粉の意外な使い方

お好み焼きやフリッターに

天ぷら粉は揚げ物の衣以外にもいろいろな使い道があります。

お好み焼きの生地に使うと、ベーキングパウダーの働きでふわふわになり食感も良いです。

フリッターの衣に使う時は、水の分量を少なくして具材につけていくことで、もっちりとした食感となります。

お菓子作りにも使える!

天ぷら粉はお菓子作りにも使えます。小麦粉と卵、ベーキングパウダーが既に含まれているので、お菓子用のミックス粉にも近いんです。

たまたま先日、クッキーを作ろうと思ったら小麦粉を切らしてしまっていました。一瞬どうしようかと思いましたが、試しに天ぷら粉を使ってみたら全く問題なく美味しく出来ました。

クッキーの他にも、マフィンやパウンドケーキ、蒸しパンなども作れます。

市販の天ぷら粉のパッケージやメーカーさんのHPにも、お菓子のレシピが載っていたりします。

小麦粉を切らしてしまった時、ちょっと足りない時などのお助けアイテムとしても天ぷら粉は有能です。



スポンサーリンク




とんかつはてんぷら粉でも作れる?【まとめ】

とんかつを揚げたいけど小麦粉がない!そんな時でも天ぷら粉があればOKです。

とんかつの衣は小麦粉、卵、パン粉を使いますが、天ぷら粉を使うことで「小麦粉+卵」を1工程にまとめることが出来ます。

天ぷら粉をバッター液として使えば調理や片付けの時短につながりますし、ベーキングパウダーの働きでサクッと軽く仕上げることも出来るので、むしろメリットばかりです。

とんかつやフライの衣の代用としてだけではなく、お好み焼きやお菓子作りにも応用できる天ぷら粉は、意外にも万能選手でした。

小麦粉を切らしてしまっていても、天ぷら粉があれば美味しいとんかつが作れます。
時短にもつながるので、是非試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA