バーベキューできる場所がなくなっている!?無料エリアのメリットとデメリット。

バーベキューは祝い事や家族、仲間たちと集まって外で楽しむイベントの1つです。
しかし、バーベキューをするためには芭蕉が必要です。

河川敷や無料のキャンプ場など無料でできる場所はたくさんあります。

ただその無料のエリアが少しずつ利用ができなくなっているところが増えていっているのです。


その原因はバーベキュウで使用したゴミや炭等をその場で捨ててしまったり、近隣住民に迷惑をかけるなど問題行動が多く使用を禁止にするところが増えてきているからです。

そこで今回はバーベキュー等、無料で使えるエリアのメリットとデメリットを書いていきますので最後までご覧ください。



スポンサーリンク





バーベキューできる場所!無料で使える場所とは?

すぐに思いつくのは川でのバーベキューだと思います。
夏など暑い日には川で涼みつつ、遊ぶことができ、風景を楽しむことができます。

場所によってはあまり人も来なく直火でできる場所もあるので普段よりも楽しく行えます。

しかし川の近くにはトイレや水道などの施設がなく場所によっては電波などが入らないところがあります。


公園

公園は芝生など直に座っても痛くなくむしろ心地よく、場所によっては水道やトイレなど設備がしっかりとしています。

それに買い物忘れがあっても近くのスーパーや自販機など役に立つものがたくさんあるのが魅力的です。

しかし公園は人も多く、あまり大声で話すと悪目立ちをしてしまい人目を気にしてしまい楽しむことはできますが大はしゃぎはできません。



バーベキューができるところが減ってきてる!?

実はバーベキューができる場所は減ってきているのをご存知でしょうか?
昔はできていた場所はありますがゴミの不始末や近隣住民とのトラブルなどで使用できる場所が減ってきているのです。

そのための有料施設もありますが、やはり楽しむなら食材や飲み物もたくさん買いたいのでせめて場所代でも安くしたいですよね。

その為公園や河川敷などできる場所はたくさんありますが、マナー違反によって管理者が禁止にしている場所もたくさんあります。



マナーは守る

使用禁止になっている場所はたくさんありますが、もちろん無料でできる場所はあります。
マナーを守るというのは騒ぐなと言っているのではありません。

だってせっかく楽しみに来ているのに「あれもするな」「これもするな」等制限されたら家で焼肉したほうが何倍もマシです。

なので迷惑にならない範囲で楽しめばいいんです!

楽しすぎてテンションがかなり上ってしまうものもいます。

そこを仲間が少し抑えるように注意することで迷惑そうにしている人たちも「ちゃんと配慮しているんだな」と理解してくれます。

それだけでも警戒がかなり緩みます。

そしていちばん重要なのがゴミの回収です。

近くにゴミ捨て場があるとはいえゴミ捨てにはルールがあります。

それを無視して捨てるのはそこを管理している人たちにも迷惑をかけますし、使っている人たちにも不快感を与えてしまいます。

ましてやゴミ捨て場に出さずその場で放置して帰る人達は論外です。

無料の公園や河川敷などはたくさんの方が利用します。

そこに放置されたゴミを見たときの不快感はかなり強く残ります。

だってそうでしょ?自分たちの遊び場や休憩場がゴミで汚されていたら不快感はものすごく高いです。

そしてその不快感が高まっていき最終的にはその場所は使用禁止となり、また1つバーベキュー等ができる場所が減ってしまいます。



スポンサーリンク



バーベキューできる場所!無料の探し方!【まとめ】

愚痴も交えて書いていましたが本当にマナーとルールは守って欲しいです。

汚した本人はなんとも思わないでしょうが、その汚した場所には思い出がある人もいるんですよ?

その思い出の土地が汚されているのをみると不愉快と不快感、嫌悪感が強くなります。

なので必ずゴミは持ち帰り、バーベキューをすまえよりきれいにして帰るという気持ちを持ってバーベキューを楽しんでほしいです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA