ステーキの余熱の有効利用方法!おいしい焼き方を解説!

おいしいステーキを家庭でも楽しみたい。でも、家庭で焼くとなるとお店と火加減も違うし、余熱しておくと冷める?などと考える方も多いと思います。

そもそも、ステーキの余熱はどれくらいがちょうどよいのでしょう?お店のようなおいしい焼き方はどのような方法なのでしょうか。


今回は自宅でもおいしいステーキを楽しめる方法をまとめてみました。



スポンサーリンク




ステーキの余熱は時間と方法で焼き加減を調整するのが正解!


ステーキの焼き方は
1、レア
2、ミディアムレア
3、ウェルダン

の三つに分かれます。

レアは焼き目がついていて中は生の状態、ミディアムは中に少し火の通った状態、ウェルダンは中までしっかり火の通った状態を指します。

フライパンなどで焼き目をつけてから取り出し、余熱で火を通しながら好みの焼き加減にすると、おいしいステーキが食べられます。それぞれ何分焼いたらいいのでしょうか。


目安としては、

1,レア そのまま五分ほど温かい場所に置く
2,ミディアムレア アルミホイルに包んで2,3分置く
3,ウェルダン 強火で焼いてから弱火で2、3分加熱する

と、それぞれ適した余熱方法があります

調理の際にしっかり確認して、おいしいステーキを焼きたいですね。



ステーキは余熱すると冷める?家庭での調理の仕方

ステーキは冷めて固くなるとおいしくなくなってしまいますね。

せっかく奮発して買ったお肉も、おいしくないととても悲しい気持ちになるものです。

家庭でステーキを焼く場合、焼く前の準備と焼くときのポイントがあります。

1,肉を常温に戻しておく(30分~1時間)
2,肉は筋切りをする
3,焼く直前に塩こしょうをする

以上のことを念頭に置いて、ステーキを焼きましょう。

余熱の際に冷める?なんて心配がある方は、あらかじめ食卓に出したい時間から逆算して準備をするとよさそうですね。

また、スープや付け合わせを作り終えてからステーキを焼く作業に取り掛かるとちょうどよい時間を確認できそうです。

何分足ったか確認するためにはぜひキッチンタイマーを使いましょう

時間を正確に測るのは少し手間ですが、そのちょっとした手間で食べたい焼き加減のステーキを楽しむことができます。

ステーキは何分で冷める?食べごろの逆算について

ステーキを余熱しておくことを「休ませる」と表現することもあります。

休ませておくとステーキは徐々に冷めますが、その際に肉汁が全体に行き渡り、おいしいステーキになるブレイクタイムなのです。

前述した余熱時間を確認しておけば、冷めすぎることなく食べごろのステーキを食卓に出すことができます。

また、冷めすぎてしまった場合は温めなおしても大丈夫です。オーブンやフライパンで軽く温めましょう。

余熱中はナイフを入れず、肉汁を逃がさないようにするのも覚えておきたい大切なポイントです。

ステーキを焼くには、短時間で集中する必要がありそうですね。一人暮らしの方はテーブルセッティングを済ませてから調理するのがよさそうです。

同居されている方はぜひ、パートナーやお子さんにステーキ以外の準備を任せてしまいましょう。

お肉が焼けるおいしいにおいにつられて準備する側も気合が入るはずですし、何分経ったか確認し忘れることや、焼いたあとばたばたして冷める?なんて心配することなく調理ができます。




スポンサーリンク




ステーキの余熱の使い方【まとめ】

ステーキの余熱についてご紹介しました。

少し工夫するだけで、スーパーなどで購入したお肉をおうちでおいしく楽しむことができそうですね。

おうちでおいしいステーキが焼けるようになれば、家族の誕生日や結婚記念日などにおうちでお祝いすることもできそうです。

レストランで食べる食事とは違った、手作りのごちそうは大切な思い出になりますね。

ぜひおうちでステーキを焼いて、素敵な食卓を楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA