恵方巻きを4日に食べる!2日食べるなど遅れたり早くても大丈夫なの?

節分の日に恵方巻きを食べる方がほとんどだと思いますが、節分の当日に、用事があって食べられない。

前日のほうが都合が良いから2日に食べるという方や4日に食べる、5日に食べるなど遅れても大丈夫?と不安になりながら、食べている方もいらっしゃるかもしれません。



この記事では、恵方巻きを前日の2日に食べることや、4日に食べる、5日に食べるなど遅れても大丈夫?と不安や疑問に思っていることを中心に解説したいと思います。



スポンサーリンク



節分の日とは

節分の日は、立春の前日の事を言います。

立春の前日というのは、季節の変わり目であり、邪気が生じると考えられていました。

節分の日に豆まきをするのも、無病息災を願い、邪気を追い払う行事として行われてきました。

立春の前日が節分になるのですが、毎年のように2月3日が節分ではありません。

1年が365日+6時間なので、少しずつズレが生じるのと、うるう年が加わって1日前後することがあります。

2月2日が節分の日もあれば、2月4日が節分になることもあるのです。


恵方巻き4日に食べる・5日に食べる

恵方巻きを4日に食べる・5日に食べる方もいらっしゃると思います。

遅れても大丈夫?と不安に思っている方もいるでしょう。

遅れて食べたからといって、利益が減ることはありませんので、心配しなくてもよいでしょう。

ただ、注意が必要なのは、購入して恵方巻きを食べようと考えている方です。

手作りで恵方巻きを食べようと思っている方は、材料を準備して作る事が出来ますが、恵方巻きを購入して4日に食べる方は、ほとんどのお店で恵方巻きは売っていないと思ったほうが良いです。

恵方巻きは、日持ちのする商品ではないので、恵方巻きという名目で翌日に売っていることはありません。

しかし、コンビニエンスストアだったら、タイミングが良ければ割引の商品が購入できるかもしれません。

5日に食べる方は、恵方巻きは購入できないと思います。

4日に食べる方も5日に食べる方も購入する場合は、恵方巻きは売っていないと思ったほうが良いです。

ただ、太巻きや海鮮巻きなど通常売っている商品を購入して、恵方巻きとして食べれば問題なさそうです。





恵方巻きを2日に食べる

恵方巻きは、節分の日に豆まきをして、福を呼び込み家の中を清めた後に食べると良いとされています。

2月3日が節分だった場合、恵方巻きを2日に食べるのは大丈夫なのでしょうか。

恵方巻きは、前日に食べても特に利益が減る事はありません。

恵方巻きを2日に食べる場合、注意しなければならないのは、恵方巻きを購入して食べる時です。

手作りで恵方巻きを2日に食べる場合には、材料さえ準備していれば作る事が出来るので大丈夫です。

しかし、購入しようと考えている場合は、節分の前日は、お店に並ぶ種類や数が少ないので、お目当ての商品を購入出来ないことがあります。

事前予約をしていれば、確実に食べる事が出来ます。

事前予約だと、早期割引や予約特典がある場合もあるので、お得なのですが、節分当日だけでなく、前後でも受け取りが出来るのかを確認しておかなければなりません。

お店によっては、当日しか受け取れない場合があるので、事前に確認しておいたほうが良いでしょう。




スポンサーリンク




恵方巻を4日に食べるのは大丈夫?【まとめ】

恵方巻きを前日の2日に食べる、または、4日に食べる・5日に食べるなど遅れても大丈夫?という疑問について解説しました。

恵方巻きは、縁起を担いで食べるものですが、遅れても大丈夫?と心配する必要はありません。

予定が合わなくて2日に食べることになっても、4日に食べる・5日に食べると遅れて食べてもご利益が減る事はありません。

恵方巻きを食べる時には、色々とルールがありますが、笑顔で楽しく食べる事で福が舞い込んでくると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA