メロンを食べると喉がかゆいのはなぜ?その原因と対処法を徹底解説!

ちょっと贅沢したいときに食べたくなるメロン。

甘くて上品な香りがたまりませんが、人によっては、食べた後に、「なんとなく喉に違和感が」「だんだんとのどがかゆい」という経験をした人もいるのではないでしょうか?

個人差がありますが、メロンを食べて喉がかゆいと感じた経験がある人は少なからずいるようです。


原因の大半は、食物アレルギーの一種で、メロンを食べることで過剰なアレルギー反応をおこしてしまうのです。

メロンに限らず、食物アレルギーを起こしやすい食べ物は他にもいくつかあります。

ただし対処法もしっかり存在するので、今回の記事を見ていただけたらある程度症状を抑えることも可能になるでしょう。

できれば毎回喉がかゆい思いをせずに普通にメロンを食べたいですよね。

今回は、メロンを食べて喉がかゆいと感じる原因とその対処法について詳しく紹介していきます。



スポンサーリンク




メロンで喉がかゆくなるのはなぜ?

メロンを食べて喉がかゆいと感じるのは、食物アレルギーを発症している可能性があります。

アレルギーとは、とある物質に対して体が過剰に反応してしまいその物質から身を守るためいろんな症状がでてしまうことです。

本来なら体にとって害がないものでも体の反応で副作用が出てしまう場合があるのです。分かりやすい例で言えば花粉症です。

原因となる物質(抗原といいますが)つまり花粉が体内に入ることで体が反応し、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状がおきます。

今回は食べ物が原因で発症する食物アレルギーの一種で、メロン以外にも代表例でいえば、すいかやもも、キウイ、トマト、サバ、エビなどいろんな原因があります。

メロンにもアレルギーを発症してしまう物質が少なからず入っているのです。

症状の度合いも人によって異なりますが、喉のかゆみなどの軽めの症状から呼吸困難や血圧低下などの症状を発症する場合もあります。

症状によってはある程度の対策をするだけで緩和または発症しないようにすることもできます。


喉がかゆくなるのを防ぐ対処法とは?


対処法として一番手っ取り早い方法が、メロンを加熱してしまうことです。


これによって絶対的に症状を抑えられるわけではありませんが、症状を軽減することは可能です。

かゆみの原因物質がタンパク質なので、タンパク質は熱に弱いため加熱して機能を失わせることができるからです。

加熱調理法として、ジャムやシロップ煮なんかにするのがいいでしょう。生で食べる時のような食感や素材の甘さはなくなりますが、症状を抑えた状態で食べることができます。


確証があるわけではありませんが、熟しすぎのメロンも喉のかゆみを発症しやすいようです。

原因物質は熟す過程でどんどん増えてしまい発症しやすくなります。買ってすぐに食べるか、追熟のし過ぎをやめ少し置いたものを食べるとある程度発症をおさえられるかもしれません。

食物アレルギーによって重症化しやすくなる場合はご注意を!

食物アレルギーの症状として、喉がかゆくなる、なんとなく違和感がある場合は、まだ軽症であることが多いです。

メロンなどを食べて以下のような症状を一度でも発症した場合は、専門医を受診するようにしましょう。

(1)呼吸がしにくい
(2)じんましんが出る
(3)血圧低下
(4)意識障害

ここまで来ると重症化するケースが多くなり最悪の場合、命にかかわることもあります。

上記の症状は、原因物を食べてから数分以内に異変が起こりやすいのが特徴です。

メロン以外にも、リンゴや桃、トマトやキウイ、セロリなどの果物や野菜でも発症することがあります。

事前にどの食物アレルギーがあるかを知りたい方は、病院での血液検査や皮膚テストなどでどの食べ物がアレルギー源になるかを特定することもできます。

こうすることで、アレルギーによる重症化を予防することもできます。




スポンサーリンク



メロンで喉が痒いのはなぜ?【まとめ】

メロンを食べることで出てくるかゆみについて、原因と簡単な対処法をご紹介しました。

今回紹介した対処法は、絶対に症状を緩和させるわけではありません。個人によっては症状が出なくなる、あるいは変わらず症状が出てしまう人もいるのでご理解下さい。

重症化するような症状が出た場合は、必ず医療機関を受診するようにして下さい。

今回の対処法を利用して、かゆみなどを気にせず、おいしくメロンを食べられるようになるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA