しいたけを離乳食に取り入れるのはいつから?食べ方もご紹介!

しいたけは栄養が豊富で、しいたけ自体も栄養がありますが、しいたけから出る出汁もとても美味しいですよね。

しいたけの出汁は離乳食にも使われていてとても万能な食材なのですよ。


でも実際、しいたけは離乳食にいつから取り入れてもいいのか気になりますよね。特に初めて与える時はアレルギーも心配…と思う方がいるかもしれません

ここでは、しいたけは離乳食にいつから取り入れてもいいのか、アレルギーや赤ちゃんに与える時のしいたけの食べ方についてご紹介します。




スポンサーリンク





しいたけを離乳食にいつから取り入れるべきか

生しいたけの場合

食物繊維や栄養素がとても豊富に含まれているしいたけですが、離乳食として与えるのは、離乳食後期の9ヵ月以降の時期に与えましょう。

しいたけは繊維が多く、消化に悪く、裏ごししにくいのが特徴です。

離乳食後期はカミカミ期と呼ばれていて、嚙むことが重要とされる時期です。

また離乳食後期になると、赤ちゃんが歯茎で噛んで食べることがスムーズにできますので、しいたけはこの時期に与えるのがとても合っています。

しかし、食べられるようになったからといって、無理に与えず、赤ちゃんのペースに合わせて与えていってくださいね!

干ししいたけの場合

しいたけは、もうひとつに干ししいたけがありますよね。

干ししいたけは、生しいたけより栄養が豊富ですが、生しいたけより繊維が硬く、触感が残りやすいです。ですので、与えるのは1歳以降に少量ずつ与えてくださいね。


しいたけの出汁

しいたけの出汁は、離乳食中期の生後7か月以降から与えることができます。
干ししいたけの出汁やしいたけの戻し汁にも栄養が含まれています。

おかゆやうどんにも使えますのでぜひ使ってみてくださいね!

しいたけの下ごしらえ

赤ちゃんにしいたけを与える時の下ごしらえの方法についてご紹介します。

軽く洗う

大人が使う時は、水で洗うと栄養や風味が落ちしまいますので洗わずに使いますが、赤ちゃんに与える時は軽く洗ってから使いましょう。
洗いすぎると風味や栄養が流れてしまいますので注意しましょう。

細かく刻む

離乳食で使うときは細かく刻みましょう。しいたけは裏ごしができない食材ですので細かく刻むことが大切です。

与える時はしいたけのカサの部分だけを使います。軸の部分は硬く赤ちゃんが噛みにくいので、切り落としてくださいね。

冷凍してもOK

毎回しいたけを細かく刻むのも大変ですよね。そのときはたくさん切って冷凍保存しましょう。
細かく刻んだしいたけを密閉袋などに入れて冷凍庫に保存するだけで大丈夫です。冷凍しても赤ちゃんの身体に影響はないですので安心してくださいね!

加熱してから使う

細かく刻んだしいたけはしっかり加熱してから使いましょう。
沸騰したお湯で5分ほど茹でます。

赤ちゃんが食べやすいように、柔らかく飲み込みやすく下ごしらえをしましょう。
きっと食べてくれますよ。

アレルギー

しいたけは、まれにアレルギーを引き起こす場合もあります。初めて与える時は少量(小さじ一杯ぐらい)から与えてくださいね。

万が一、口の周りが赤くなる・腫れ・かゆみ、目のかゆみ・充血、じんましんがでる、嘔吐・腹痛・下痢などの症状が出ましたら、アレルギーを引き起こしていますので、すぐに病院へ受診してください。

しいたけを食べた後は赤ちゃんの様子をしっかり観察してくださいね。

もしアレルギーについて心配でしたら、事前に病院でアレルギーチェックしてもらうのもいいかもしれません。

しいたけのおすすめの食べ方

しいたけからは美味しい出汁が出るので、スープなどの調理がおすすめです。

しいたけと一緒に野菜と煮込んだスープは栄養が豊富です。スープをおかゆにまぜたり、とろみをつけて与えるのもいいですよ。

うどんやそうめんに入れたり、丼の具、卵でとじたりと、しいたけはいろいろな離乳食に使うことができますので、これらもおすすめの方法です!

おすすめの食べ方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

しいたけだしの野菜スープ

しいたけ、キャベツ、にんじん、玉ねぎを細かく刻み、水300㏄入れて沸騰したら刻んだ具材を入れて柔らかくなるまで煮て完成です。

飲み込みやすくするために、片栗粉でとろみをつけるのもいいですよ。

しいたけと野菜のうどん

茹でたうどんと、キャベツ、にんじん、玉ねぎ、しいたけをみじん切りにします。鍋にしいたけの出汁100㎖とうどん、具材を入れて火にかけて、柔らかくなるまで煮込んだら完成です。





スポンサーリンク




しいたけは離乳食としていつから与えていい?【まとめ】

今回はしいたけの離乳食はいつから与えてもいいのか、下ごしらえの方法やアレルギーの危険性についてご紹介しました。

しいたけはほかの野菜に比べて消化が悪いため、離乳食後期に少しずつ与えていきましょう。

アレルギーも比較的に出にくいですが、念のため少量ずつ与えていくほうがいいことが分かりましたね。

触感が残りやすいですが裏ごししにくく少し手間のかかるしいたけですが、赤ちゃんの健康のためにぜひ摂取してほしい食材ですので、ご紹介したやり方を参考にして取り入れてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA