椎茸の焼き方を解説!グリル・トースター・フライパン・ホットプレートと多彩!

キノコのメジャー・椎茸はどのような焼き方がおいしいの?とお思いでしょうか?

椎茸はグリル、トースター、フライパン、ホットプレートと、どんな器具でもおいしく焼くことができますよ!


椎茸のおいしい焼き方について、グリル、トースター、フライパン、ホットプレートそれぞれの器具別にご紹介いたします。



スポンサーリンク



グリルでの椎茸の焼き方

椎茸をグリルでおいしく焼く方法は次の通りとなります。

(1)椎茸の軸を切り落とす。

(2)両面焼きグリルの場合は網の上に傘の内側が上になるように並べる。
片面焼きグリルの場合は傘の表面が上になるように並べる。

(3)両面焼きグリルでは、水分が出てくるまで強火で約5分焼く。
片面焼きグリルでは、2~3分焼いてから傘の内側を上にして水分が出てくるまで焼く。

(4)グリルから取り出して、お好みで塩、しょうゆ、ぽん酢をかける。



椎茸のトースターでの焼き方

続いてはトースターの場合の椎茸の焼き方となります。

(1)椎茸の軸を切り落とし、食べやすい大きさにカットする。

(2)焼き網の上、または網に敷いたアルミホイルの上に傘のひだがある側が上になるように並べる。

(3)オーブントースターを強(800w)に設定し、タイマーを6分に設定する。

(4)3〜4分ほど焼き、水分が出てきたら止める。

(5)取り出して、お好みでしょうゆなどをかける。



フライパンで椎茸の焼き方


フライパンでの椎茸の焼き方は次の通りとなりますので、ぜひご覧ください。

(1)椎茸の軸を切り落とし、傘の表面に十字の形の切り込みを入れる。

(2)傘を下にしてフライパンに並べる。

(3)フタをして中火で5分焼く。

(4)1度フタを開けて、料理酒を少量かけて再びフタをして5分蒸し焼きにする。

(5)火が通ったら、傘の内側にしょうゆをかけ、フタを開けたまま3分焼く。



ホットプレートでの焼き方

ついにホットプレートでの椎茸の焼き方をご紹介となりました。
次の通りの手順で椎茸をおいしく焼けますので、ぜひ覚えてください。

(1)椎茸の軸を切り落とす。

(2)傘の表面を下にしてホットプレートに並べる。

(3)お好みでマヨネーズやバターを傘の内側のひだにかける。

(4)フタをして3〜5分蒸し焼きにする。


おいしい椎茸の選び方ってあるの?

ここまでで調理器具それぞれでの椎茸の焼き方をご紹介しました。

ですが、焼き方以外にも椎茸をおいしく食べられる方法はあるの?と疑問をお持ちでしょうか?

その方法というのは、スーパーなどに並べられた椎茸の中からおいしいものを選ぶという方法です。

では、おいしい椎茸を選ぶ方法は次の通りとなりますので、ぜひご覧くださいませ。

大きく肉厚なもの。

せっかく椎茸を食べたというのに、薄っぺらいと食べたという感覚が得られません。
ですので、あらかじめ傘が分厚いものを選んでおきましょう。

傘があまり開いていないもの。

椎茸の傘が開いていることは、収穫して時間が経過した、あるいは遅く収穫しているものとなります。
傘があまり開いていないものは新鮮なものとなります。

傘の内側のひだが白っぽいもの

新鮮な椎茸なのかが分かりやすいのは、傘の内側のひだの色が白っぽいものです。
ひだの色が茶色、若干黄色など色が付いていた場合は収穫してから時間が経過しており、鮮度が落ちています。



スポンサーリンク




椎茸の焼き方【まとめ】

ここまでで椎茸の調理器具別の焼き方をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

椎茸をおいしく食べる方法として手っ取り早いのは焼くことですよね!

ここでご紹介した調理器具によっては焼く手間がかかるものがありますが、手間がかかった分食べた時の味わいは特別です。

焼き方だけではなくおいしいものの選び方も含めて、椎茸をおいしくいただくための大切なポイントとなります。

ここでご紹介した焼き方を使って、椎茸をおいしくいただきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA