ネギで口臭くなる原因とは?歯磨きだけじゃない5つの対策を解説!

メインの料理のトッピングにネギは欠かせない。ネギ乗せると見栄え、食感にアクセントがプラスし薬味として味の向上がアップ。

そんなメインを支える脇役ネギ、いいことばかりじゃないんですよね。


料理を食べた後に気づく異変、そうです口臭くなるのです。口臭くなると人と喋りづらいし、口の中の違和感が残りますよね。

なぜ、ネギを食べると口が臭くなるのでしょうか。今回はネギの口臭くなる原因と対策について学んでいきましょう。




スポンサーリンク



ネギが口臭くなる原因は?

ネギを食べて口臭くなる原因としてあげられるのはネギに含まれる「アリシン」という成分が挙げられます。

アリシンはネギの辛みにつながる成分であり、硫黄化合物の一種になります。温泉の香りや化学の授業などで硫黄を匂った人はわかりますが、独特な匂いですよね。

ネギ属はそのままの状態で匂いを嗅いでもそんなに香りはしないですが、生ですりおろしたり、切ったりすると、アリシンの組織が破壊され、それが口臭の起爆剤になります。

アリシンは体内に入ると血液を通して肺に送られます。

それが気化して呼吸をするたびにアリシンが排出されるのです。これが口臭くなる原因となるのです。

この肺から送られる匂いが厄介で、歯磨きなどをしてもアリシンは口の中から排出されてるわけではないので、歯を磨いても一時的に歯磨き粉の香りで防げるだけで、また口臭が復活するのです。

またアリシンによる口臭は摂取した量によって最大で16時間も続くそうです。

夜ネギを食べてしまった、あなた次の日が大変ですね。


ネギで口臭くなる対策3選

対策として、繊維に沿って切るといったことが挙げられますがこれはほとんど効果がないですね。

結局食べた時に、自分の歯で噛み砕いちゃうわけですから、ここで起爆剤となって意味がないですね。それじゃあ、大好物が食べられないじゃないか!!と思ったそんなあなたに対策法を伝授させます。

一番大事なのは、食べ合わせ。この食べ合わせを意識することによって口臭予防ができるのです。ということで、今回はお勧めの食べ合わせを三つあげていきましょう。


食前に牛乳を飲む

 
牛乳に含まれるタンパク質は、口内にまとわりつきます
その後にネギを食べた後に発生するアリシンを牛乳のタンパク質が包み込み、体内で消化してくれるそうです。



食事中にお茶を飲む

お茶に含まれる成分でカテキンという成分があります。

このカテキンは有名で、カテキンによる脂肪の吸収の軽減で肥満予防ができ、最近では、機能性飲料水でよくみられます。

カテキンには脂肪吸収軽減だけではなく、殺菌、消臭効果もあるので、食事中に飲むと良いでしょう。


りんごを食べる

りんごを食べること。りんごに含まれるりんごポリフェノールはアリシンを分解してくれる作用があります。

特にりんごの皮に多く含まれるのでりんごの皮と一緒に食べると良いでしょう。



ネギで口臭くなる食べ合わせ以外での対策2選

もしも口臭予防のためだけに食べ合わせでお金を使いたくないあなた。そんなあなたは体の水分を調整することです。


水をたくさん飲む

水をたくさん飲みましょう。
水を飲むことによって口臭菌を老廃物と共に尿として排出してくれるので、お水をたくさん飲みましょう。


運動やお風呂で汗をかく

一つ目で排出というワードが出てきたのと同じで、こちらは、運動やお風呂で汗をかくことです。汗もまた、老廃物と一緒に輩出してくれるので、運動をして体をった得ると共に、口臭予防にもなるでしょう




スポンサーリンク




ネギで口臭くなる原因とは?【まとめ】

今回はネギについて調べて行きました。

今までは歯磨きやガムで対策してたあなた、それは一時的なものでずっとわ続いてくれません。だからこと食事中の食べ合わせが大事なんですね。

また、今回アリシンが口臭に関与する悪者のように扱われましたが決してそうとは言えません。

アリシンには、疲労回復、血糖値の上昇を予防、血流の改善、抗菌、殺菌と体を守るための健康効果が多くあります。

適した食事を行えるように、食べ物の組み合わせを意識して行きましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA