モロヘイヤのおひたしは日持ちってどれくらい?保存方法を徹底解説!

モロヘイヤは6〜9月が旬の時期です。

旬の野菜はシンプルにおひたしで食べると美味しいですよね!

しかし食べ物でいつも気になるのは日持ち。


例えばモロヘイヤのおひたしの日持ちはどの位もつのでしょうか?

実は、モロヘイヤのおひたしは約2日しか日持ちしません!

ここではモロヘイヤの保存方法などについて説明していきたいと思います。



スポンサーリンク



モロヘイヤのおひたしが日持ちしない原因

冒頭文でもありましたようにモロヘイヤのおひたしは約2日しか日持ちしません

しかしなぜモロヘイヤは、こんなに日持ちがしないのでしょうか。

痛みやすい食材

生のままの常温保存は出来ない、冷蔵保存でも2日ほどしか持たない食材です。
繊細な食材なので適切な保存方法が必須になります。

汁気がある調理法

モロヘイヤのおひたしは水分が多い調理方法のため痛みやすいので日持ちしません。また味をつけた野菜からは水分が出てしまうので、その水分が腐敗を進める原因になります。


モロヘイヤの保存方法は3つ!

モロヘイヤを長期保存させる方法は3つです

冷蔵保存

茎の部分に湿らせたキッチンペーパーを巻き、新聞紙で包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫にたてて保存します。

葉に水分が付くと痛みの原因になるので茎につけたキッチンペーパーがつかないようにしてください。

この方法での日持ち目安は約2日間です。

そのまま冷凍保存

茎と葉は火の通りが違うので別々に保存しておきましょう。

茎と葉に分け洗いキッチンペーパーなどで水気をきっちり取り、密封できる袋に入れて冷凍庫に保存します。

葉に霜がついてしまうと痛みの原因になるので霜が付く前に使い切りましょう。

生のまま保存したものを解凍して使うと色が悪くなったりするので、使用する時は冷凍のまま加熱調理して使ってください。

この方法での日持ち目安は1ヶ月程度です。


茹でて刻んで冷凍保存

葉と茎を分けて、それぞれ茹で、葉は刻み、茎は食べやすい大きさに切りそれぞれ密封できる袋に入れて冷凍保存します。

刻んだ葉は平たくしておくと、使うときに必要な量を折って取り出せるのでおすすめです!

この方法が1番美味しさを保ち、アク抜きも出来ているので色々な調理に向いた保存法になります。

この方法での日持ち目安は1ヶ月程度で、おひたしにして小分けに冷凍しておいても同じだけもつので2つ用意しておいても良いですね!

モロヘイヤに毒がある?!

モロヘイヤの種子には、強心作用のある成分が含まれ、その成分が有害で少量でも摂ってしまうと、めまい、腹痛、嘔吐などの食中毒症状を起こしますので絶対に食べないようにしてください。

長崎県で実のついたモロヘイヤを食べた牛が死亡したと報告されています。

成熟した種子に最も多く含まれており、成熟中の種子、莢(さや)、発芽してからしばらく若葉にも含まれます。

ですが収穫期を迎えたモロヘイヤは葉、茎、根に更に蕾には毒性が検出されないことが報告されています。

スーパーにあるモロヘイヤやモロヘイヤ健康食品、モロヘイヤ茶などは安心して食べられます。
家庭菜園をしている方は収穫時期など混入に十分注意してください。

収穫期のモロヘイヤは柔らかい葉と茎が食用部分になります。葉はピンとして張りがあり、茎は手で折れるくらい柔らかく、全体的にみずみずしく緑色が鮮やかなものが新鮮な証拠です。



スポンサーリンク




モロヘイヤのおひたしは日持ちってどれくらい?【まとめ】

いかがでしたか。

今回はモロヘイヤのおひたしの日持ちについて解説しました!

・モロヘイヤのおひたしを日持ちさせるには、調理後冷凍するのが1番いい!
・生のまま冷凍しても1ヶ月保つ!下処理不要で使えるので便利。
・スーパーにあるモロヘイヤに毒性はないが、家庭菜園は注意!

モロヘイヤは葉物野菜で1番日持ちしない野菜です。

スーパーに置いてある時期も短いので、見つけたら出来るだけ長く味わいたいので、この方法なら1ヶ月楽しめるので良いですよね!

冷凍おひたしを作っておけばおかずを一品増やすのも容易になり、お弁当にも使えるのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA