ネギ塩だれの保存方法とその期間は?自宅で簡単作成レシピも紹介!

一瞬で美味しさが倍増し、何にでも使える「ネギ塩だれ」が、自宅で簡単に作れるのをご存じでしょうか?

レシピサイトを見ると、様々なバリエーションのレシピが紹介されているので、自分でもやってみたいと思われる方も多いと思います。


そこで気になるのが保存の方法とその期間ですよね。

結論を言ってしまうと、ネギ塩だれは、冷蔵で1週間程度、冷凍で1カ月程度の保存ができます。



スポンサーリンク




ネギ塩だれを冷蔵保存する方法と注意点

ネギ塩だれは、冷蔵でおよそ一週間の保存期間です。

ネギ塩だれは、作り立てよりも、ある程度ねかせて味がしみ込んだ方がいいので、冷蔵保存はおススメの方法です。

冷蔵保存をするときには、熱湯消毒したビンなどの密閉容器を使います。

ネギ塩だれは、空気に触れることを嫌うので、なるべく空気を入れないように、容器いっぱいに詰めて保存します。

また、小分けにして使い切りやすい量で保存しておけば、傷みはじめる前に、使い切ることも出来ます。

レシピサイトによっては、保存期間を3週間~1カ月程度としているものもありますが、それは、塩分を多めにしてあるなどの場合です。

一般的には1週間程度が保存の目安となります。



ネギ塩だれを冷凍保存する方法と注意点

ネギ塩だれは、冷凍でおよそ1カ月の保存期間です。

ジッパーの付いた冷凍用保存袋にネギ塩だれを入れてから、なるべく平らにして冷凍します。

ただ、冷凍すると、解凍するときに余分な水が出て、シャキシャキ感が損なわれてしまう可能性があります。

冷凍保存をする際にはご注意くださいね。



傷んだらどうなる?

ここまで、冷蔵と冷凍で保存する場合の保存期間や、保存する際の方法と注意点についてご紹介してきました。

それぞれの保存期間をお伝えしましたが、あくまでも目安であることにご注意ください。

それでは、万が一、傷んでしまったらどうなるのでしょうか。

代表的なサインとしては、臭い、変色などです。もし、何か変だなと思ったら、臭いや色を確かめて、あやしければ処分してくださいね。

h2>ネギ塩だれの簡単レシピ 作り方はいたってシンプルです。さっと作れて、用途もいろいろ。みなさんも食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか?

<材料>

・白ネギ・・・1本
・塩・・・・・小さじ1/3
・鶏ガラスープの素(顆粒)・・・小さじ2
・ごま油・・・大さじ2

<作り方>

(1)白ネギを5ミリ×5ミリ程度にみじん切りにします。
   *少し大きめのみじん切りで、シャキシャキした食感を残します。
(2)ボウルなどで、白ネギ、塩、鳥ガラスープの素を和えます。
(3)ごま油を加えたら、できあがり。
   *そのまま食べてもOKですが、少し寝かせると、より味がなじみます。

いかがでしょうか。

鶏肉や豚肉のお料理、麺類やごはんものなど、ネギ塩だれを添えるだけでガラッと印象がかわります。

作り方もカンタンなので、食卓では重宝する一品です。



スポンサーリンク





ネギ塩だれの保存方法とその期間は?【まとめ】

いかがでしたでしょうか。

この記事では「ネギ塩だれ」の簡単な作り方、冷蔵、冷凍の保存期間の目安と注意点についてご紹介してきました。

ネギ塩だれは、お肉料理やごはんもの、麺類など、何にでも使える万能調味料です。

作り方もカンタンですが、その保存方法や保存期間はぜひ押さえておきたいところです。

冷蔵での保存期間はおよそ1週間、冷凍ではおよそ1カ月でした。

また、これらの保存期間は目安となりますので、万が一、傷んでしまったときの見分け方(臭いや色)についてもご紹介しました。

こちらも合わせて参考にしていただければと思います。

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA