かぼちゃを蒸すのは電子レンジを使ってもっと簡単に!

かぼちゃってどうやって調理していますか?

最近は½カットや¼カットが売られていて使いやすくなりましたよね

でも固くて切りにくい、お湯で茹でるとべちゃっとしたり時間がかかったり栄養が溶けだしてそうで心配…

かぼちゃって電子レンジで蒸せないの?

調理の時短のために電子レンジを使いたい


そう思っている方も多いのではないでしょうか

かぼちゃ100gだと600W2分で蒸せます。早いですよね!

電子レンジを使ってかぼちゃを蒸すのは柔らかくする以外にもとってもいい事があるのでぜひ参考にして見てください



スポンサーリンク



かぼちゃは電子レンジを使うと2分で蒸せる!

かぼちゃ100gぐらいだと600W2分で蒸せちゃいます。手順も少なくて

(1)種とワタをとる
(2)耐熱容器に入れてラップをする
(3)電子レンジでチン♪

とっても簡単です。
使いやすいサイズに切ってもそのままでも加熱時間は一緒です


100gだと600Wで2分ですが、よく使うサイズの¼カットのかぼちゃだと450gぐらいなので600W9分チンしてください

かぼちゃを電子レンジで蒸す時のコツ

✱加熱時間を短くするコツ
電子レンジを使うととっても時短になりますね。さらに時短にする方法として塩を使います。
1/4カットのかぼちゃの場合、

(1)使いやすい大きさに切る
(2)小さじ1弱の塩をふる
(3)5分ほど置いておく
(4)そのまま耐熱容器でラップをして6分チン♪

これだけで3分も短縮できちゃいます



塩の量はかぼちゃの重量の0.5%~1%が目安です。塩を振っておくことで水分を出し甘味を引き出す効果もあるので、味付けなしで食べても美味しいですよ

✱加熱ムラをなくすコツ
1度にたくさんのかぼちゃを加熱する場合は十分柔らかくなったところとまだ固いところのムラをなくすために、半分ぐらい加熱したところで混ぜるといいです


使いやすい大きさに切ってからでもそのままでも加熱時間は変わりませんが、切ってからの方が加熱ムラはなくなるのでオススメです

かぼちゃを蒸すのに電子レンジを使うメリット

✱皮を剥かずに調理できる
かぼちゃサラダなど皮を使わない料理では¼サイズのまま皮を剥かず加熱します。そうすると加熱した後にスプーンですくうとキレイに黄色い部分だけとることができます

✱ホクホクかぼちゃとしっとりかぼちゃが選べる
もちろんかぼちゃの種類や時期にもよりますが、加熱の時に水を大さじ2ほど入れることでしっとりした蒸し具合に仕上がります

ホクホクとさせたい場合は、水を入れないか少なめにします。水の量だけで食感が変わるので作る料理に合わせて調節してみてください

どんな料理に使えるの?

(1)かぼちゃの煮物
かぼちゃの煮物は定番メニューですよね
調味料とかぼちゃを耐熱容器に入れてラップをして加熱するだけでできちゃいます

(2)かぼちゃのサラダ
皮ごと加熱したかぼちゃをスプーンで黄色い部分だけすくい、マヨネーズなどで味付けをするだけでサラダのできあがり。ハムなど具材を入れるのもオススメです

(3)グラタン
塩を使って加熱したかぼちゃをグラタン皿にいれ、ホワイトソースとチーズをかけて焼き色がつくまで焼いたらできあがり。かぼちゃの甘さが引き立ってとっても美味しいですよ

(4)焼きかぼちゃ
加熱時間を短くして固めに加熱したかぼちゃを5mmほどに薄く切ってフライパンで焼きます
電子レンジで加熱してから焼くことで甘みが強くなり、焼く時間も短くなります



スポンサーリンク




かぼちゃを蒸すのにレンジはあり?【まとめ】

電子レンジでかぼちゃを蒸す方法をご紹介しました。

¼カットのかぼちゃが9分、塩を使うことで6分で蒸せちゃうなんてとっても時短になりますね。味を付けなくても美味しく食べられるので1歳の子どもにはそのまま食べさせています。

丸々1個切る時にも少し柔らかくなるまで加熱して切ると切りやすくてオススメです。加熱ムラが上下で出やすいので途中でひっくり返すといいです

料理に合わせて上手にかぼちゃの加熱時間を調節してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA