業務スーパーの【生野菜】の値段は安い?原産国はどこ?おすすめの生野菜も紹介!

みなさんは業務スーパーで生野菜は買ったことありますか?「業務スーパーの生野菜は中国産が多いと聞いたことがあるから不安」という方もいらっしゃると思います。


しかしそんなことはありません。業務スーパーの生野菜は国産も多く取り扱っており、値段も安いうえにとても美味しいです。官界はそんな業務スーパーの生野菜について詳しく調べてみることにしましょう。








スポンサーリンク

業務スーパーの生野菜は安い!なぜそんなに安いの?

業務スーパーの生野菜の一番の売りは間違いなく値段の安さです。特売ではない日でも普通のスーパーよりも安かったりします。特売の日は普通のスーパーよりも100円以上安い生野菜もあります!100円も値段が安いのはお財布にもとてもうれしいですよね。


しかし、なぜこんなに安いのか気になりますよね。業務スーパーでは生鮮食品や生野菜は中間業者を通さず、生産業者と直接契約をしているからというのが理由です。中間業者を通すとその分手数料を取られますから、必然的に
生野菜の値段が高くなります。


それをせず生産業者と直接契約することで値段を抑えているということですね。商品の値段を少しでも安くしようとしているその姿勢には脱帽ですね!








業務スーパーの生野菜は安全?原産国はどこ?

業務スーパーの生野菜の原産国が分からなかったり、安全では無いとなるといくら値段が他のスーパーよりも安くてもかわないですよね。しかしそんなことはありません!業務スーパーの生野菜は安全です!


私もよく業務スーパーで生野菜を買って食べているのですが健康面などに問題は全くありません。そのうえ日本は食品安全基準がとても高い国のひとつであり、さらに業務スーパーでは専門スタッフが厳密な品質安全検査を行っているため十分安全です。そのため安すぎるからといって危ないということは絶対にないですね!


あともうひとつ不安な点といえば原産国はどこなのか?という問題だと思います。その点も心配ありません。しっかりと原産国、原産地の表記がパッケージなどにされています。なので原産国が気になる方や出来るだけ国産の商品を選びたい方はパッケージをしっかり確認してから購入するのをおすすめします。

さらに業務スーパーの生野菜は意外と国産が多いのでそんなに心配することはなさそうですね!









業務スーパーのおすすめ生野菜をご紹介!

ここまで読んでいただければ業務スーパーの生野菜がいかに安全性に優れていて、値段が他のスーパーと比べてお得だということが分かっていただけたと思います。

ですが生野菜と言ってもたくさんあるのでどれが良いのかというのが分からないと思います。なので私が実際に買ってよかったと思った生野菜をいくつかご紹介したいと思います。




ほうれん草

私が一番おすすめするのは、やはりほうれん草です。量もなかなか入っており特売日の時はなんと100円を切ることがあります。これはかなり嬉しいですね!ほうれん草は様々な料理に使えるので業務スーパーで買っておいても損は絶対にしません。

キャベツ

業務スーパーの中でキャベツもかなりおすすめです。普段から他のスーパーと比べて1玉の値段が30円ほど安いのですが、特売日になると1玉の値段が100円以下になります!これは他のスーパーと比べるとおよそ半分くらいの値段になっているので、お買い得なのはだれが見てもわかりますね!

小松菜

そして次は小松菜です。業務スーパーの生野菜は量というよりも値段が優れていることが多いのですが、業務スーパーの小松菜の値段は他のスーパーとあまり変わりません。しかし量が他のスーパーと比べても多く入っているという印象があります。そのため小松菜をたくさん使う料理の時は業務スーパーの小松菜も選択肢の一つとしていかがでしょうか。








業務スーパーの生野菜の値段は安い?【まとめ】

今回は業務スーパーの生野菜について述べてきました。業務スーパーの生野菜の良さが少しでも皆様に伝わっていれば良いなと思います。それではまとめに入ります。

・業務スーパーの生野菜は業務スーパーの工夫によって他のスーパーよりも安く提供できている。
・業務スーパーの生野菜は意外と国産が多く、厳密な検査により安全性に優れている。
・業務スーパーの生野菜の中でもほうれん草とキャベツ、小松菜がおすすめ

いかがだったでしょうか?業務スーパーの生野菜は今回おすすめした商品以外にも良い生野菜がたくさんありますので、ぜひ手に取ってみてくださいね!