倉式珈琲店のコーヒーの入れ方とは?サイフォン抽出について徹底解説!

皆さんは倉式珈琲店を利用された事がありますか?

サンマルク系列ということもあってフードメニューも充実していますが、なんといっても苦味が強く味の濃い風味が特徴のコーヒー。

倉式珈琲店ではどのようにコーヒーを淹れているのか気になりますよね。


画像はイメージです。本文との関連はありません。

こちらの記事では倉式珈琲店のコーヒーメニューの特徴とメニュー別のコーヒー抽出方法の違いについて解説していきます。

知ればきっと倉式珈琲店のコーヒーをより一層楽しむ事ができると思いますので、是非最後までご覧下さい。

いつも同じものを飲んでいる方も是非この機会に普段注文しないドリンクを頼んでみてはいかがでしょうか?



スポンサーリンク



コーヒーの入れ方にはどんな種類があるの?

まず、ひとくちにコーヒーの淹れ方といっても様々なやり方があります。

ペーパードリップ式

おうちでコーヒーを淹れる際、もっともポピュラーな方法がペーパードリップ式ですね。

挽いたコーヒー豆を専用ペーパー内に用意し、お湯を注いでコーヒーの成分を抽出します。

器具も手軽に用意でき工程もシンプルなので家淹れの最も基本的な方法であり、各社カフェにおいても”ドリップコーヒー”というメニューは必ずと言っていいほどあります。

コーヒープレス式

“フレンチプレス”という専用器具を使用するやり方です。

元々はフランス発祥のコーヒー抽出器具ですが、紅茶の抽出器具としても使われていますので見た事のある方も多いでしょう。

こちらも手軽にコーヒーを淹れられますので、家淹れにもよく使用されており、家庭用に販売しているカフェも多いです。

ウォータードリップ式

一般的には”水出しコーヒー”と呼ばれるものです。

アイスコーヒーを作る際に用いられる方法で、挽いたコーヒー豆に一切熱を加えず長時間かけてコーヒー成分を抽出します。

香り高くすっきりとした味わいが特徴です。


エスプレッソ式

元々はイタリア発祥の家庭での淹れ方です。

日本では多くのカフェがエスプレッソ式を採用しています。

専用のエスプレッソマシンを使用し、挽いたコーヒー豆に高い圧力をかけて短時間で抽出します。

お店で飲む事の多い抽出方法ですが、家庭でエスプレッソマシンを購入して使用することも出来ます。

サイフォン式

倉式珈琲店が看板メニューとしている抽出方法がこの”サイフォン式”です。

専用器具が多く、まるで科学実験を行っているような見た目のインパクトが強い特徴的な抽出方法です。

倉式珈琲店のの珈琲の入れ方は?

倉式珈琲店では通常のサイフォン式と少し違いがあり、煮沸時間を短縮して雑味を抑えるために、一般的なサイフォン式よりもコーヒー豆が細目に挽かれています。

抽出時間が短い為通常より豆を多く使っており、濃厚でコクのあるコーヒーが楽しめます。

倉式珈琲店で楽しめるサイフォン珈琲はどのメニュー?

サイフォン珈琲は本日のストレート及び各種ブレンド珈琲・アイス珈琲で頂けます。

アレンジドリンクのホットはドリップ珈琲、アレンジドリンクのアイスはウォータードリップ珈琲が使用されています。

倉式珈琲店のサイフォン珈琲はオーダー毎にコーヒーカップ1.5杯分のコーヒーを提供して頂けます。

サイフォンコーヒーをホットで注文すると、フラスコに入れたままの状態でテーブルまで運ばれて来ますので、飲み切るまでフラスコの中で保温されます。サイフォンならではのメリットですね。



スポンサーリンク





倉敷珈琲店のコーヒーの入れ方【まとめ】

いかがでしたか?
倉式珈琲店ではサイフォン珈琲だけでも10種類以上のメニューが用意されており、同じサイフォン式であってもコーヒー豆の種類によって味はかなり変わってきます。

色々なコーヒーを試してみてお気に入りの1杯を模索するのもコーヒーの楽しみ方のひとつですよね。

是非この機会に普段飲んだ事のないコーヒーを試されてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA