ルミエールの【開店時間】は?通常営業と年末年始では時間が違う?

早いもので2019年も12月に突入し、現在スーパーマーケットの業界ではクリスマス商戦が始まっています。

クリスマスが終わればあっという間に年末年始を迎え、スーパーマーケットでは書き入れ時となります。


現在では多くの企業が365日営業、店休日無しを掲げ売りにしている企業も少なくありません。イオングループや大手に至っては24時間営業365日休み無しの業態も珍しくありません。

そんな中、福岡のルミエールでは年末年始の開店時間はどの様な体制となっているのでしょうか?



スポンサーリンク

ルミエールの年末年始営業状況

早速、ルミエールの年末年始の開店時間ですが今年のスケジュールに関してはまだ確定していない様です。確定した際にはホームページに掲載が必ずあるはずですが現時点ではまだ確定はされていない様です。

ただ例年通りで行けば大晦日、元旦に関しては全店一斉定休日になると思われます。

競合大手チェーンや近隣チェーンが年中無休で営業している中、ルミエール関しては例年最低でも2日間は定休日を設けられています。お客様に優しいだけでなく、従業員の事もしっかりと考えられている証拠ですね!

個人的な意見ですが、年末年始、三が日くらいは量販店も休業されても全然問題無いと思います。そもそも年末年始は消費も落ちますし、おせち料理などの準備もある程度前もって購入しておけば済むはずです。

オープンしているに越した事はないですが24時間無休の業態はコンビニエンスストアが主流であるべきで、スーパーマーケットの業態は12時間営業、定休日を設けてなんら問題ないと思います。

実際に24時間営業の店舗に深夜の時間帯に入ってみると、もちろんお客様はちらほら見えますが、昼間の様な盛況具合な所は見たことがありません。需要は少なからずあるのでしょうが、深夜の時間帯にかける人件費と電気代などの設備費を鑑みてメリットは無いと個人的には思います。


コンビニエンスストアでさえ(フランチャイズの店舗ですが)、24時間営業、年中無休の業態から脱出しようとしています。その点ではルミエールの営業方法はとても合理的で生産性のあるものではないかと思います。

ちなみにルミエールでは年末年始の定休日以外にも社員研修、社員旅行などの社内行事の際にも各店舗ローテーションでの定休日もあります。ここにも社員を大事にする社風が現れているのでは無いでしょうか?

確かに24時間365日営業で助かっている人もいるでしょうし、それを売りにして他社との差別化と考えている経営者もいると思いますが、定休日を設けて事前にお客様にしっかりと伝えておけば、効率の良い店舗運営ができるのではと思います。

何にせよルミエールは自社の経営理念を実践して、お客様にも従業員にも愛されている企業だと思います!



年始はルミエールへ!初売りセール

ルミエールでは毎年年明けに3日間ほど初売りセール期間で特売を実施します。以前ご紹介した創業祭ほどの特価ではないですが、食品、雑貨、日用品などが特価価格で数量限定などで販売されます。

一般的には1月は消費が落ち込み各社ともに1年の中で1番売上が少ない月でもあります。それでもルミエールは積極的に年始から特売を実施する事でお客様を取り込んでいます。

年始のルミエールの営業開始日は例年1月3日頃からですが店舗内は賑わいを見せています。店舗内を見てみるとカップラーメンや即席で食べれるレトルトカレーやレトルト食品、おかずの素のレトルトなど、楽にご飯が作れる様な商品の特売が目に止まりました。 

年始はおせち料理や雑煮などに食べ飽きた人たちをターゲットに簡単に調理できる様な商品ラインナップを戦略的に行っているんですね!



ルミエールの開店時間は?【まとめ】

以上ルミエールの年末年始の開店時間をまとめさせて頂きました。
ご清覧のほどありがとうございました。