松屋のカレー持ち帰りの場合【ルーのみ】もできるの?値段は?

松屋のお持ち帰りはとても便利です。

お店で買って、家でゆっくりお店の味を楽しめるので主婦の強い味方です。

ご飯を作りたくない夜ってたくさんあるんです。


テイクアウトのできる飲食店がもっと増えたらいいのにと思うわけですが、松屋さんはたくさんのメニューが持ち帰れるので神です!

今回は松屋の持ち帰りカレーは、ルーのみで注文できるのか、値段は?など、カレーにスポットを当てて紹介していきたいと思います。

子供が小さくてなかなか外食ができない方にも、持ち帰れるのは便利ですね!



スポンサーリンク

松屋の持ち帰りメニューの容器について

松屋の持ち帰りメニューは、容器がとても考えられています。

私が想像する持ち帰りの牛丼とは、四角いプラスチックの丼に牛丼が入っているものです。


しかし、松屋は違うんです。
いや、違うというか2パターン持ち帰り容器があるんです。

私が想像する牛丼持ち帰りスタイルは直盛と言います。もう一つはセパレートという、牛丼の具とご飯を別々の容器で持ち帰ることもできるんです。

それだとご飯が汁を吸い込みすぎてべちゃべちゃになることを防いでくれるますね!

食券を店員さんに渡すときに、直盛・セパレートのどちらにするかを伝えるとよいのです。

ちなみにセパレート盛は、電子レンジで1分温めなおせば、牛皿をご飯にのせ牛丼にするも良し、牛皿をおかずにご飯と食べるもよしです。

その日の食べたい気分で選べるのでいいですね~!


そして、カレーの容器はセパレート盛になっています。
カレールーとご飯が別々になっています。

家でレンジで温めて、家で出来たてのように食べれるのがいいですね!

容器の端に、ちょこっと福神漬けがのせられているのもいいです。

カレーと福神漬け、超相性いいですよね!



松屋のカレー持ち帰りはルーのみで頼める?お値段は?

お持ち帰りカレーは、カレーとご飯が別々になっていて持ち帰れます。ですが、ルーのみを持ち帰りで頼むことはできないです。

どうしてもご飯がいらないときは、カレーを頼んでおいてご飯がいらないと伝える感じになるかと。料金はカレー料金になると思われます。お店によって対応が違うかもしれませんが・・。


ちなみに値段は、創業ビーフカレー並盛490円・大盛590円です。お店で食べるのと同じ料金ですね!



松屋のテイクアウトの簡単予約方法

松屋で待つ時間がおしい!という人にはこれがおすすめですね!

ネットで予約・電話で予約方法です。
私はアナログ人間なので、電話で予約が楽ちんです。

ネットで松屋のお弁当にできる商品が見れるのでそこで確認をして、電話で注文します。
・注文メニュー
・個数
・来店時間
・名前
・連絡先

これを伝えると予約ができます。あとは、時間になったら取りに行くだけなので時間がかからないですね。

何といってもお弁当1個から注文を受けてくれるんですって!ありがたい~!


アナログじゃない、ネット世代の方はウェブ予約がいいのでしょう。
松弁ネットという松屋オリジナルのサイトがあるので、会員登録をしてネットから注文することができます。

最短30分後から24時間後まで受け取りが可能なので、こちらも便利ですね!




松屋のカレー持ち帰りの場合、ルーのみもできるの?【まとめ】

松屋のお持ち帰りカレーについて紹介しました。

ネットにより、なんでも簡単に注文ができるなんて便利な世の中になりましたね。
メニューを前もって見ておけると、お店について悩む時間が減るし金額もわかっていると安心です。

万年ダイエットの私には、カレーを持ち帰ってビールを飲んでしまう・・・強敵です。

家で人の目を気にせずちびちびと夕食を楽しめる・・・自由感がたまらないですね!


そうやって、ダイエットが終わる日はもう来なくなってしまっているんですよね。

カレールーと白飯はするする入ってしまうからなあ・・・。



松屋

Posted by tassyon