チョコレート効果86%はまずい・おいしい?適切な食べ方を徹底解説!

チョコレートは最も売れているお菓子の1つです。

健康志向の高まりやこだわりを持っておやつを選ぶ人が増えてきたこともあり身体に良いと言われるカカオポリフェノールを多く含むチョコレートはますます人気です。

特に最近は各メーカーから発売されている機能性チョコレートに注目している人が多いようです。


スーパーマーケットに行くと睡眠の質を高める、ストレスを低減する、乳酸菌がはいっているなど、健康を意識した様々な機能性チョコレートを見かけるようになりました。

今回はその中でも豊富なラインナップを持つ【チョコレート効果】に注目してみました。



スポンサーリンク



チョコレート効果のカカオの含有量による味の違いは?

チョコレート効果は色んなタイプの製品がありますが製品中に含まれるカカオの量によって大きく3種類のチョコレートに分けられます。

パッケージにそれぞれの味のイメージが書かれています。
・チョコレート効果CACAO72% 華やかな香りと上質な苦み
・チョコレート効果CACAO86% 力強い香りと苦み
・チョコレート効果CACAO95%  豊かな香りと強い苦み (!非常に苦いチョコレートです

私、チョコレートが大好きなんです。

色んなチョコレートを食べてみたくて買ってしまいます。

以前はミルクチョコレートが好きだったのですが、高価だったカカオ含有量の多いチョコレートが気軽に手に入るようになって最近はダークのチョコレートを買うようになりました。

もちろん、チョコレート効果の3種類のチョコレートも食べてみました。

一番滑らかで食べやすいのは72%です。

チョコレート効果に限らず私は65%〜75%ぐらいのチョコレートがしっかりカカオの味が感じられ、それでいて苦すぎず食べやすいので好んで食べています。

私はチョコレート効果の中では72%が1番食べやすいと思います。

86%もたまに買いますが甘味が少なく大人のチョコという感じです。

今までミルクチョコレートや甘いチョコレートを好んで食べて来た人の中にはまずいと感じる人がいるかもしれません。

私はチョコレートを食べたいけど少しでも体に良いものをと思うときには86%を買います。まずいとは思いませんがあまりたくさんは食べられませんね

95%ですがこちらは甘味があまり感じられずココアパウダーをそのまま口に入れたようなちょっと粉っぽい感じと酸味を感じます。

滑らかさがなく、正直なところ食べにくいです。

なので95%は一度買っただけでその後は買っていません。

高カカオのチョコレートにあまり馴れていない人は72%から試してみるのがお勧めです。


どんな効果が期待できるのか

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールによって期待できる健康効果は血圧低下、動脈硬化防止、老化防止などです。

カカオポリフェノールは血管を広げる作用があると言われそのため血圧の低下が期待されます。

また悪玉コレステロールの酸化を防ぐ働きがあり動脈硬化を防ぐので血管が原因となる生活習慣病を防ぐことができると言われています。

ポリフェノールには抗酸化作用があり活性酸素の働きを抑える効果があると言われています。

活性酸素は細胞に悪影響を及ぼして老化、シミやシワ、ガンなどの原因になると言われています。

しかしいくら健康にいいからと言っても食べ過ぎはよくありません。明治によると1日に3枚〜5枚が適量だということです。


おススメの食べ方

どういう食べ方がからだによいのでしょう。

チョコレート効果は甘味が少なく糖質が抑えられたチョコレートで、食物繊維やミネラルも含まれるのでダイエットに良さそうですが、カカオは脂質も多く含みカロリーが高いので食べすぎはよくありません。

チョコレート効果は食べた後に血液中のブドウ糖濃度が上がりにくい低GI食品ですので血糖値を気にする方にはよいおやつです。もちろん一気にたくさん食べてはいけません。

食事と食事の間の空腹時に何回かに分けて1日に3枚〜5枚くらい食べるのが血糖値を気にする人にもダイエットに気をつけている人にもおススメの食べ方です。



スポンサーリンク




チョコレート効果86%はまずい・おいしい?【まとめ】

チョコレート効果に含まれるカカオポリフェノールは色々な健康効果が期待できる食品です。

カカオの含有量が増えるとポリフェノールも増えますがあまりにも含有量が高いチョコレートは苦みや酸味が強くまずいと感じる人がいるかもしれません。

カカオポリフェノールの効果と美味しさのバランスで自分の好みのチョコレート効果を探してみると良いと思います。

体によい成分が含まれるからといっても食べすぎはよくありません。

食事の合間に少しずつ1日数枚食べるのが健康的にポリフェノールの効果を得るのに適した食べ方のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA