パイの実は温めると美味しさ倍増?レンジ・トースターの温め方を解説!

「パイの実」は3㎝ほどの小さなパイの中にチョコクリームが入ったかわいいお菓子で、なんと発売されてからもう40年以上が経っています。

発売当時、パイはケーキ屋さんや洋菓子店で買うものでしたが、小さなお菓子になって気軽に手に入るようになりました。

パイの実の生地は64層にもなっていて気軽に買えるけれども本格的なパイのように美味しいです。


温めると焼きたてのようになってもっと美味しく食べられます。

菓子パンを電子レンジで温めるとパリッとせずに柔らかくなっちゃいますよね。

パイの実はどうでしょう。

サクサクで温かいパイの実にするにはどうやって温めたらいいのかご紹介します。



スポンサーリンク



パイの実を温めると美味しいの?

パイの実を温めてみたことありますか?

私はそのままよりも温めた方が美味しいと思っています。

外はサクサクになり、チョコが柔らかくトロリとなるんですよ。

パイに包まれているので手も汚れず、スプーンも使わずトロトロチョコを食べることができます。温められたからなのか、常温の時よりチョコの香りや風味が際立ちます。

まるで焼きたてのチョコレートパイのようなお味です。

焼きたてのチョコレートパイは食べたことないんですけど、、焼きたてはきっとこんな味です!!とっても美味しいです。


パイの実の温め方とは?


電子レンジを使って温める

パイの実を袋から出してお皿にならべます。

ラップをせずに電子レンジにかけます。

パイの実6個 500Wで45秒 600Wで 35秒が目安です。

これで外はサクサク中はトロリのパイの実が出来上がりです!

この方法はロッテのHPの中にあるパイの実のブランドサイトにも載っています。


ロッテ公認の温め方なので間違いなく美味しいですよね。
アレンジレシピもたくさん紹介されているので興味のある人は見てみてね。

https://www.lotte.co.jp/products/brand/painomi/




オーブントースターを使って温める

オーブントースターで温める事も出来ます。

袋から出して直接またはアルミ箔などに乗せてあらかじめ温めておいたトースターに入れます

庫内の温度にもよりますが大体1分位です。

オーブントースターで温めるとサクサクというよりもパリパリな食感になります。

チョコレートは温められて柔らかくなりますが、電子レンジほどトロリとした感じではありません。

電子レンジと違って表面から温められるのであまり長い時間入れると表面が焦げてしまいます。

でも少し表面が茶色くなるとパイの香ばしい香りがしてまた違ったおいしさです。パリッとした生地が好きな人にはこちらがおススメ!



パイの実は冷やしても美味しい

パイの実は凍らせてもおいしいです。

パイの実は凍らせても常温の時よりサクサクになるんです。

チョコレートの部分は少し硬くなりますがパイ生地とのバランスが悪くなるほど硬くはなりません。

そのままで充分食べられるます。

甘さが少し控えられた感じになりさっぱりと食べることができます。また表面のべたつきも抑えられ手が汚れないんですよ。夏にはこちらもおススメです。


チョコレートじゃないパイの実も温めると美味しいよ

チョコレート味じゃないパイの実を温めたらどうでしょうか。

「和栗のモンブラン スペシャリテ」を電子レンジで温めてみました。

このパイの実はパイ生地に発酵バターが使われているそうでパイの部分が通常のパイの実よりサクサクしているような気がします

温めるとそのサクサク感が増していっそう軽い食感になりました。中に入っているモンブラン味のチョコレートもトロリとなって香りが強くなります。

パイ生地部分は通常のものよりもほんのり茶色い色がついていて、香りは栗や甘栗と言うよりも確かにモンブランです。

私はこのパイの実も温めたほうがおいしいと思いました。



スポンサーリンク



パイの実は温めると美味しさ倍増?【まとめ】

パイの実は64層にもなるパイ生地が使われた小さなかわいいチョコレートパイです。

そのままでもサクサクしたパイ生地なのですが、電子レンジやオーブントースターで温めるとより一層サクサク、パリパリとした生地になり中のチョコレートが柔らかくとろけて香りが広がります。

また冷凍しても生地はサクサクになりあっさりとした甘さのパイの実を楽しむことができます。

どれもおうちで試せるので家族やお友達と食べ比べをしてみてはいかがですか?

それぞれ違った風味やおいしさがあるので、あなたのお好みの味を見つけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA