キャラメルコーンにピーナッツはいらない派?ピーナッツは大事なんです

キャラメルコーンの袋を開けると甘いおいしそうな香りがします。

コーンパフを食べているとちょっぴり塩味も。そして時々皮付きピーナッツに出会います。

あなたはキャラメルコーンにピーナッツは必要だと思いますか?私はなくてもいい派でした。柿ピーも柿の種だけの方が好きです。


ピーナッツはピーナッツだけで食べたい。キャラメルコーンもコーンパフだけでもいいんじゃないの、と思っていたのです。

でも!それは間違いでした。もちろんキャラメルコーンのピーナッツの味が好きな人もいると思いますが、ピーナッツが入っているのはピーナッツが美味しいからだけではなかったのです。



スポンサーリンク



1袋にどれくらいのピーナッツが入ってるの

キャラメルコーンは1971年に生まれました。

もう50年も愛される東ハトのロングセラーお菓子です。当時アメリカで人気だったポップコーンにキャラメルコーティングしたものをヒントに口どけの良いお菓子を目指して作られました。

それ以来、発売当初は透明フィルムで中身が見えるパッケージだったのをおいしさが長く保たれるように内側がアルミの袋に変えたり、遺伝子組み換えコーン不使用にしたり何度かリニューアルされています。

2014〜15年頃にはピーナッツが減ったと言う声が多く聞かれたようですが詳しい情報は見つかりませんでした。

東ハトは2003年にいちど倒産しそして再建されました。

その時に元サッカー選手の中田英寿さんをCEOに迎え、新たにブランディングし直し、新しいキャラメルコーンが生まれました。

2003年の大幅リニューアルにより青い瞳が可愛いキャラメルコーン君のキャラクターのパッケージが採用されました。

そしてキャラメルシロップが10%、ローストピーナッツが30%増量されました。

1袋にピーナツはどれくらい入っているのでしょうか。

袋の中のコーンパフとピーナッツの数を数えた人がいました。1袋の中にコーンパフが123個、ピーナッツが20個入っていたそうです。

比率は6.15対1です。コーンパフ6個にピーナッツが1つ入ってるんですね。もっと少ないと思っていました。思っていたよりたくさん入ってる気がします。

キャラメルコーンにはピーナッツが必要

なぜキャラメルコーンにピーナッツが入っているのでしょうか。
これにはいくつか理由があり、ピーナッツの入れ方にも工夫がされています。

1、塩味のピーナッツを入れることで味のアクセントになる
2、ナッツの香ばしい香りをコーンパフにつけることができる
3、一番最後にピーナッツを入れることで運搬中に袋全体に塩味を行き渡らせる


1 の塩味についてはきっと誰もが思いつくと思います。甘いものを食べているとしょっぱいものが食べたくなりますからね。

2 の香りについては気が付きませんでした。キャラメルコーンのおいしさにはキャラメルの香りはもちろんピーナッツの香りも大きく関係しているようです。

3 のピーナッツを最後に入れる工夫についてはなるほどと感心させられました。キャラメルコーンはトラックで運搬されることが多いので運搬中の振動で1番上にあったピーナッツが徐々に袋の下へ落ちていきながら、全体に塩をまぶしてくれるそうです。

これは素晴らしいアイディアですね!これこそがキャラメルコーンにピーナッツが必要な理由ではないでしょうか。

私は今までキャラメルコーンにピーナッツはいらないと思っていましたが、キャラメルコーンのおいしさにはピーナッツが必要だということがよくわかりました。

これからは袋の底に隠れているピーナッツにも大事に食べます。

キャラメルコーンのピーナッツが好きな人用の商品もあった

2017年にコーンパフとピーナッツの比率が逆転した商品が売り出されました。コーンパフ5gに対してピーナッツが42gです。

通常サイズのコーンパフよりも小さいコーンパフが入っていました。JR東日本の駅売店で販売されていましたがすでに販売終了しています。

2019年には「キャラメルコーンのピーナッツ」と言うコーンパフが入っていないピーナッツだけの商品が売り出されました。

長年の要望に応えて発売されたとのこと。東ハトによると通常のキャラメルコーンに追加して追いピーナッツとしても使えるとの事でしたが残念ながら販売終了しています。

これらの商品が販売されたと言う事はキャラメルコーンのピーナッツが好きだと言う人はかなりたくさんいると言う事ですね。

それでもキャラメルコーンにピーナッツはいらないよ!と言う頑固なあなたにはこちら。

「キャラメルコーン 4連包」
「それいけ!アンパンマンパン キャラメルコーン」

これらの商品にはローストピーナッツが入っていません。

ピーナッツアレルギーの方向けの商品なのかもしれませんがコーンパフだけで食べたい方はぜひお試しください。ピーナッツ入りとの味の違いもわかるかもしれません。



スポンサーリンク




キャラメルコーンにピーナッツはいらない派?【まとめ】

発売されてから50年も経つロングセラーのお菓子キャラメルコーン。

キャラメル味の甘いコーンパフと塩味のローストピーナッツの組み合わせがおいしい人気のお菓子です。

ピーナッツについてはたくさん入っている方がいい、なくてもいいなど意見は様々あるようですが、今回いろいろ調べるとキャラメルコーンのおいしさにはピーナッツが必要なんだとわかりました。

運搬中にピーナッツの塩分が全体に行き渡ると言う驚きの秘密もありました。

私はピーナツはいらないと思っていたので今度ピーナッツあり通常のキャラメルコーンとピーナッツなしのキャラメルコーン食べ比べてみます!

あなたもやってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA