じゃがりこブーケの作り方!インスタ映えする飾り付け方法とは?

今、お菓子でつくるブーケが「インスタ映えする!」と話題になっていることを知っていますか??

本物のお花のブーケはもちろんとってもステキですが、少しお高めだったり、枯れてしまうことを考えたりして、プレゼントをするのにためらいがちですよね。


しかし、お菓子のブーケは市販で販売しているもので、安く簡単に材料をゲットできるので、ちょっとしたプレゼントにぴったり!!しかも見て楽しんだあとは食べることができるので無駄がありません。

今回はそんなお菓子ブーケの中でも、「じゃがりこブーケ」の作り方について詳しく紹介していきます。



スポンサーリンク





じゃがりこブーケの作り方!

じゃがりこを用意しよう!

 
では、じゃがりこブーケを作るのに必要なじゃがりこの個数を紹介します。

ブーケの形にするのに必要なじゃがりこの数が、6個になります。真ん中に1個、それを囲むように5個のじゃがりこを置くと、丸いきれいなブーケの形になります。

しかし、これだと少し迫力が足りないと感じる方には、中心に3個、周りに9個、合計12個を使ってつくるブーケをおすすめします。

かなりビッグなサイズになるので、このサイズのブーケを持って写真を撮れば、小顔効果の効いた豪華な写真が撮れること間違いなし!(笑)



じゃがりこをブーケの形に固定しよう!

次にじゃがりこをブーケの形にしていきます。これは市販で販売している「ヌードルブーケ」の仕組みを参考にさせていただきました。

(1)使うじゃがりこの数に合わせてB5のサイズの厚紙を用意します。

(2)厚紙をアイスのコーンの形に変形させます。

(3)じゃがりこ本体がコーンアイスの、アイスの位置に来るように、厚紙とじゃがりこをくっつけます。セロハンテープなどで固定させるといいですね。

(4)この工程を、使用するじゃがりこ全てに一つ一つ行っていきましょう。

(5)コーンアイス型のじゃがりこを束にしてまとめて、ブーケの形になるように調整し、テープなどで固定していきます。

12個使うビックサイズバージョンをつくる場合は、中心の3つをまずくっつけて固定させて、その後に周りに残りのじゃがりこをつけていくと、見栄えがよく、しっかりしたブーケになりやすいと思います。

これにて基本のブーケの作り方は終了です。


飾りつけをしよう!

では最後に飾り付けをして、かわいくて華やかなブーケにしていきます。

材料は主に、包装紙とリボンのみで、どちらも百均で十分にかわいいものを揃えることができます。

(1)お気に入りの包装紙(少し頑丈なものが良いです)を用意して、お花のブーケと同じ方法で包んでいきます。YouTubeなどで、「ブーケ ラッピング」などと検索をかけると、分かりやすく解説された動画がたくさん見つかるので、参考にしてみてください。

(2)仕上げに持ち手の部分にお好きなリボンをつけて完成です!!

(3)さらに華やかにしたい方は、造花などを隙間に飾ってブーケ感を追加することができます。造花もまた、さまざまな種類のものが百均に販売されているため、安く手に入れることができます。

じゃがりこ一つ一つに隠れメッセージなどを書いて、プレゼントした相手がワクワクしながら解体できる仕組みをつくるのもおすすめです!!




スポンサーリンク



じゃがりこブーケの作り方!【まとめ】

今回は、じゃがりこブーケの作り方を紹介しました!いかがでしたか??

インターネットで検索をしてみると、じゃがりこ以外にも、キャンディーを使ったものやうまい棒を使ったものなど、さまざまな種類のお菓子ブーケが紹介されています。プレゼントする相手の好みに合わせて作って、プレゼントしたら喜ばれること間違いありません。

安くて、手作りのあたたかみがあって、かつインスタ映えする。いいとこづくしなお菓子ブーケを、ぜひ作ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA