ポテロングがうますぎる!おいしさの理由や評判を紹介!!

1978年の販売開始から長い間愛され続けている、森永製菓が販売しているスナック菓子、「ポテロング」。

「ザックザック食感」と「ノンフライ製法」を売りにしており、インターネット上には「うますぎ!」と言った声も上がる人気商品です。


形状としては、じゃがいもをスティック上にしたもので、じゃがりこを長くしたイメージでしょうか。

今回はそんなポテロングの、「うますぎ!」な秘密や、インターネット上の評価などをチェックしていきます。



スポンサーリンク



ポテロングの原材料は??

ポテロングのおいしさの秘密に迫るべく、まずは原材料を調べていきます。

公式ホームページを見てみると、詳しく掲載されていました。

主な原材料としては、じゃがいもや米粉、とうもろこしなどがあります。

ポテトチップスやじゃがりこなどは、主な原材料がじゃがいもであるのに対して、ポテロングは米粉やとうもろこしなども含まれていることが特徴的でした。

そのためか、じゃがりこなどに比べてじゃがいも感が薄く、ザ・スナック菓子というような味や感触を生み出しています。

スナック菓子好きにはたまらない商品であるといえます。



ポテロングがうますぎる理由は?

次に、製造方法からポテロングのおいしさの秘密を調べていきます。

ポテロングの製造方法の一つ目の特徴は、「ノンフライ製法」です。

ポテトチップスなどは油で揚げて作られていますが、ポテロングは油で揚げることはせず、風味づけにスプレーするという形で油を使用しています。

こうすることで、油の量を抑えられるだけでなく、じゃがいもと味付けの風味のバランスを調整することができ、ポテロングのおいしさを引き立たせることを可能にしているようです。

スナック菓子といえば、油分が多く含まれていることが難点の一つでもあるので、製法によって少しでも油の使用量が抑えられているのは安心ですよね。


また、じゃがいもを加熱する際にできる大小様々な「スキマ」を生かして、ポテロングのもう一つの特徴と言える「ザックザック食感」を生み出しているそうです。



ポテロングの評価は??

最後にポテロングを食べた人から、実際にどのような評価を得ているのかを調べていきます。

調べてみると、ポテロングに対する評価は「うますぎ!」派と「そうでもない」派の二極化する傾向があることが分かりました。

ちなみに私は「うますぎ!」派なのですが、この二極化の原因は何なのでしょうか。

ポテロングを苦手とする方のコメントをいくつ読んでみて、私なりにこの原因を推測してみました。

すると私の中で、他のじゃがいもスティック系のお菓子を基準にして物足りないと感じる方が多いのではという結論に至りました。

というのも先に述べたとおり、ポテロングは製造の際に生まれるスキマを利用した、ザックザック食感を売りにしています。

これを美味しいと感じる方がいる一方で、「パサパサしている」と感じてしまう人もいるという印象でした。

確かに、じゃがりこなどは密度が高いお菓子で、それらと比較すると食感などに少し物足りなさを感じるかもしれません。



スポンサーリンク




ポテロングがうますぎる!【まとめ】

今回はスナック菓子「ポテロング」のおいしさの秘密を原材料や製造方法の観点から紹介し、また二極化する評価の原因についても調べてきました。

原材料や「ノンフライ製法」、製造中に発生するスキマを利用した「ザックザック食感」などが美味しさの秘密であることが分かりました。

しかし一方で、ポテロングの食感を得意としない方もいて、全員が全員「うますぎ!」という評価をしていないことも判明しました。

まだ食べたことのない方は自分がどっち派か試してみたり、また他のじゃがいもスティック系のお菓子と食べ比べしてみたりすると面白いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA