ケンタッキーの店舗で【勉強・仕事】はしていい?気になる店内環境は?

皆さん、こんにちは!
今日は「ケンタッキーのお店の中で勉強や仕事をしていいのか」について考察をしていきます。


飲食店に立ち寄った時、勉強している学生やパソコンやタブレットで仕事をしている社会人の方を見かけることがありますよね。

ケンタッキーも有名な外食チェーンの一つですが、他と同じようにケンタッキーの中でも勉強や仕事ができるのかについて、今回は調べていきます。

結論としては、「店舗の状況によっては勉強や仕事をしてもいい」ということになります。
それは何故なのか、これから説明していきます。



スポンサーリンク

何故飲食店で勉強・仕事をする人がいるのか

そもそも、どうして家や図書館ではなく、わざわざ飲食店で勉強や仕事をする人がいるのでしょうか。考えられる理由を見ていきましょう。いろんな理由が考えられますが、

・家に自分の部屋がない
・家だと誘惑が多くて集中できない
・気分を変えて勉強/仕事をしたい
・友達/仕事関係の人と話をしながら、勉強/仕事をしたい
・予定の隙間時間に立ち寄っている
・外出中に緊急性の高い仕事が入ってきた
・食事を兼ねて来店している
・ドリンクバーがあるから
・外で勉強/仕事をしている自分が好き

主に上記のような理由から飲食店で勉強/仕事をしている方が多いのです。私もこの理由には納得できる点がたくさんあります。それに長時間いるとなった時、小腹が空いた時にすぐに注文できるのは楽ですよね。



ケンタッキーで勉強/仕事をしていいのか

元店員目線で書かせていただきますと、商品を買ってくれているなら大丈夫です!ただ、他のお客様への配慮を忘れずにお願いします。

例えば、平日の14時過ぎなどはお店も暇な時間帯なので、一人で大きいテーブルを占有していたとしても、あまり気になりません。

逆に休日のお昼で店内が混み合っている時に、一人で4人掛けのテーブルを占領して教科書や参考書を広げられてしまうと、店員としては注意せざるを得ません。

他のお客様から見たら「こんなに混んでいるのだから、食べ終わったのなら席空けてよ」と思ってしまうのは当然ですよね。


また、お店としても席の回転率ってかなり重要なのです。当たり前ですが、席って有限です。限られた席を如何に効率よくたくさんのお客様に使ってもらえるかで売上が変わります。

だからピーク時間に勉強や仕事で席を使われて長時間占有されると、お店としては困ってしまいます。なので、ケンタッキーに限らず、お店で勉強や仕事をする時はできればお店の空いている時間帯にしましょう。



ケンタッキーの店内の環境は?

「お店の中で勉強や仕事をする」となった時に気になるのは店内設備などの環境ですよね。気になるケンタッキーの店内の設備環境についてみていきましょう。


・テーブル席とカウンター席

テーブル席は特別店舗を除きほぼ全てのお店にありますが、カウンター席については客層の関係で設置されていないお店もあります。都心などのお一人様が多い店舗では積極的にカウンター席を設置するケースがあるようで、比較的新し目の店舗ではコンセントが席に用意されている場合もあります。
フードコートの場合は大元のデベロッパー次第になるので、一概には言えません。


・ドリンクバー

長時間の滞在時にありがたいドリンクバーですが、実はケンタッキーでも一部店舗で取り扱いがあるようです。まだまだ設置店舗は少ないようですが、お近くのケンタッキーで実施されていたとしたら、より勉強や仕事が捗りそうですね!


・Wi-Fi環境

全ての店舗ではないですが、店舗によっては「docomo Wi-Fi」「フレッツ・スポット」「ホットスポット」「ソフトバンクWi-Fi」の無線LANサービスが使用できます。

ただし、前もってそれぞれのサービスに申し込みが必要です。キャリアのスマートフォンを使用している方は無料で使用できることも多いので、一度確認をしてみてください。

また、一部店舗では「KFC Free Wi-Fi」という無料のWi-Fiサービスを行っています。メールアドレスを登録または指定のアプリを使用することで、1回30分/1日3回まで無料でWi-Fiを使用することができます。



ケンタッキーの店舗で勉強・仕事はしていい?【まとめ】

いかがでしたか。このようにケンタッキーでは勉強や仕事をする環境も整っています。

ただし、忘れてはいけないのはあくまでもケンタッキーは「飲食を楽しむところ」です。店内が空いている状態であれば構いませんが、休日やピークタイムなども混雑が予想されているときはなるべく別の場所で勉強や仕事をするようにしましょう。

周囲のお客様やお店の気持ちを考慮して節度ある対応・判断を忘れずに!