サブウェイの【デリバリー】ってあるの?対象店舗や配達範囲・宅配料金は?

新しい生活様式のひとつに、店内飲食から自分の食べたい料理をフードデリバリーを利用する方やテイクアウトOKの店舗が増えましたね。


数あるファーストフードの中でも、野菜たっぷりヘルシーでドレッシングやトッピングで自分好みにカスタマイズできることで人気の「サブウェイ(SUBWAY)」。


実はサブウェイサンドイッチは全メニューがテイクアウト可能です。

場所により配達時間は異なりますが、近くにサブウェイ店舗がない方、自炊に疲れた時にできたてサンドイッチを自宅や勤務先で味わいませんか?

今回は、サブウェイのデリバリービスの注文方法やデリバリーがある店舗、更にお得に支払う方法も紹介します。



スポンサーリンク

サブウェイとは

サブウェイ(SUBWAY)は本社がアメリカのファーストフードチェーン店で、1965年に誕生しました。
アメリカ国内の店舗数はファーストフード業界でマクドナルドを抜いて1位のサンドイッチ専門店です。


日本では1992年に東京都港区に出店して以来、全国に店舗展開しています。
店内で毎日焼き上げるパンに、ローストビーフやてり焼きチキンなどこだわりの具材と、シャキシャキの野菜を挟み、サンドイッチアーティストと呼ばれるスタッフが、一つひとつ手作りしています。

SUBWAYの名前の由来は、ロールパンサンドの形が潜水艦(英語でサブマリン)に似ていてサブマリンサンドイッチと呼ばれたことからきています。



サブウェイのデリバリーサービス注文方法

サブウェイはウーバーイーツ(UberEats)を導入している店舗でデリバリーを行っています。

注文方法はとても簡単です。

1.アプリをダウンロード、
2.住所や連絡先を登録、
3.サブウェイを検索、
4.メニューを選んで注文する仕組みです。 

ウーバーイーツの注文にかかる料金は、料理代+サービス料10%+送料(配達手数料)です。

送料のシステムは2019年末に変わりました。
新しい送料のシステムでは、送料が大幅に値下げした代わりに、サービス料が追加されました。

送料は50円~550円の間でレストランとの距離や人気などの要素から自動的に算出されます。
基本的には距離が近ければ近いほど安くて、徒歩5分~10分くらいにある店舗は送料50円~100円で注文できます。
また少額手数料(700円未満)150円発生します。

もはや料金代金より手数料の方が高いので、700円以上頼んだ方が良いのですが、1品から注文可能なことと、配達員の名前や配達状況を確認できるところが便利だと評判です。



サブウェイデリバリーがある店舗

実施店舗の詳細はサブウェイHPを確認することをおすすめしますが、東京都ではほとんどの地域がウーバーイーツの配達エリアとなっています。

神奈川県が2店舗、千葉県が1店舗あります。
北陸地方では富山県で1店舗、石川県で2店舗、東海地方では愛知県で4店舗、近畿地方では大阪府で4店舗、兵庫県で3店舗で導入されています。(2020年6月時点の情報)

九州ではエリアがまだ広がっていないようです。


サンドイッチはもちろん、サイドメニューまで何でもOKなので「このメニュー家で食べれたらいいのに・・・」と残念な思いをすることはありません。

デリバリー可能な店舗がもっと広がることを期待しましょう。


*ウーバーイーツの料金を安くする方法

またはじめての注文限定ではありますが、割引となるプロモーションサービス等も展開されていますので、タイミングと条件さえ合えば通常よりもお得にデリバリーサービスを利用することができます。(時期によってクーポン料金は変更になることがあります)



サブウェイのデリバリーってあるの?【まとめ】

サブウェイのデリバリーサービスについてご紹介しました。
5月13日~6月30日まで、緊急応援企画で「サンドイッチ2個目半額」キャンペーンが開催中です。

対象のサンドイッチとポテトドリンクセットを購入すると、半額で同じメニューのサンドイッチが購入できるというもの。
家族でのディナータイムやオンライン飲み会のお供に活用してはいかがでしょうか。


時間帯や天気によっては配達まで時間がかかる場合もあるので、予め余裕を持ってオーダーをする様に心掛けましょう。