ウーバーイーツは雑所得扱い?収入と確定申告について解説!

ウーバーイーツの配達パートナーは、会社の従業員ではなく、個人事業主となります。

そのため、税金に関して確定申告を行う必要があります。

配達パートナーの業務が、副業または本業によって種類が変わってきます。



収入に応じて、確定申告が必要になると、手続きに必要な書類を作成することになります。

今回は、ウーバーイーツの配達パートナーの確定申告について解説します。

スポンサーリンク



ウーバーイーツの収入で確定申告について

ウーバーイーツの配達パートナーは、会社からは独立していることになります。

つまり、個人事業主となり、所得税の納税を行います。

本業としている場合は、納める税金があれば確定申告をします。

収入より、経費が大きく赤字となったら、確定申告の必要はありません。

また、副業として配達パートナーをしている場合、収入が20万以下ならば、確定申告は行わなくてよいです。

ただし、一方の給与とウーバーイーツの収入の合計が、20万を越えると確定申告の必要があります。



ウーバーイーツの収入が雑所得になる場合

ウーバーイーツ配達パートナーの収入があり、確定申告を行う場合は、雑所得もしくは事業所得として申告することになります。

「雑所得」は、給与所得や事業所得に該当しない所得のことです。

副業として配達パートナーをしているケースは、雑所得となります。

計算方法は、売上から必要経費を差し引きます。雑所得では、青色申告ができないため、納める税金が多くなる可能性があります。

ちなみに経費とは、ウーバーイーツの配達にかかった費用のことです。

例えば、バイクで配達した際のガソリン代、有料の駐車場を利用した場合の代金など。

レシートを保管しておくと、書類作成がスムーズに行えます。少し面倒でも、大事な申告ですので、忘れないようにしましょう。


ウーバーイーツの収入が事業所得になる場合

「事業所得」とは、事業から生じる所得のことです。

つまり、本業でウーバーイーツ配達パートナーをしているケースになります。

事業所得の場合、事前に青色申告をすることができます。

税務署に届け出ると、納税者が有利になる特典が受けられます。


ウーバーイーツの収入で確定申告をする手順

まず、確定申告に必要な書類を用意します。


*確定申告書A・B
ウーバーイーツの配達パートナーが雑所得の場合はA、事業所得の場合はBです。

*源泉徴収票
給与所得のため、必要な書類です。会社から発行してもらえるので、なくさないようにしましょう。

*支出内訳書
事業所得の場合に必要な書類です。

*本人確認書類
マイナンバーカードや運転免許証、パスポートなどが必要です。

*各種控除証明書
各種控除を受ける場合は、控除証明書を添付します。

書類が揃ったら、以下の流れで手続きをします。


確定申告書の作成

確定申告書に、必要事項を記入します。マネーフォワードクラウド確定申告を利用すると便利です。
無料で取引データを自動取得できます。確定申告書も簡単に作成できる便利なツールです。

確定申告書の提出

確定申告書を作成したら、税務署に提出します。窓口・郵送・e-Taxで可能です。e-Taxは事前に届け出てくださいね。

所得税の納付

納める税金がある場合は、所得税を納付します。方法は、振替納税・コンビニ払い・窓口・電子納税・クレジットカードがあります。


スポンサーリンク




ウーバーイーツは雑所得扱い?【まとめ】

ウーバーイーツの配達パートナーにも、確定申告が必要になります。

副業か本業かで、異なるので事前に確認しておきましょう。

副業が「雑所得」、本業が「事業所得」に該当することも覚えておくとよいです。

今回は難しい内容でしたが、大事なことなので、慌てることのないように、早めに準備しておきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA