上島珈琲店でワイファイは使える?手順や繋がらない時の対処法を調査!

上島珈琲店は、北海道から沖縄まで全国に100店舗以上あるカフェチェーンです。

珈琲大手のUCCが母体ということで、こだわりのネルドリップコーヒーがいただけます。

店内は落ち着いた雰囲気で、静かに読書や仕事をしたい方にぴったりです。


上島珈琲店では、全店ではありませんがフリーワイファイが利用できます。

この記事では、上島珈琲店で使えるワイファイについてまとめました。

接続の手順や繋がらない時の対策、電源席の有無について紹介します。



スポンサーリンク



上島珈琲店のワイファイの接続方法やパスワードは?

上島珈琲店にはオリジナルのワイファイと、各スマホキャリアのスポットワイファイがあります。どちらが使えるかは店舗により異なるので、各店舗にお問い合わせ下さい。

今回は、上島珈琲店オリジナルのフリーワイファイについて解説します。

上島珈琲店のワイファイは、キャリアや端末を問わずに利用可能です。

初回のみ登録が必要ですが、パスワードはありません。

利用の際の手順は次の通りです。

(1)接続したい端末のワイファイ機能をオンにします。
(2)接続先のSSID「+Free_UESHIMA_WiFi」を選択します。
(3)ブラウザを起動すると、初期登録の画面が表示されます。

登録方法は2種類あります。

ひとつは、各種SNSアカウントを使う方法です。

・Facebook
・Twitter
・Google+
・yahoo!Japan
・mixi

お持ちのアカウントと連携させることで、すぐに接続が可能です。

もうひとつは、メールアドレスを使う方法です。
・メールアドレス
・生年月日
・性別
以上の3点の情報を登録すると、接続が可能になります。

接続時間や回数には制限がなく、長時間の利用でもログインし直す手間がありません

ちなみに、SSIDを選ぶ際にもうひとつ候補が出てきます。

「+Tourist_UESHIMA_WiFi」という訪日外国人向けのワイファイで、11カ国の言語に対応しています。

こちらは接続時間などの制限があるので、普通に使う場合は「+Free_UESHIMA_WiFi」の方に接続しましょう。

上島珈琲店のワイファイは、他のカフェと比べても速いと定評があるようです!
美味しいコーヒーと高速ワイファイの相乗効果で、サクサク作業が進みそうですね。



うまく接続できない時の対策は?

ここまでの手順は難しくないので、すんなり接続できるはずです。

ただしまれに、SSIDが出てこない、繋がらない等の不具合が発生するかもしれません。

最初からやり直すか、ブラウザを立ち上げ直すことで繋がることがほとんどですが、不安な時は店員さんに聞いてみましょう。

また、接続方法についてのリーフレットも置いてあります。

それでも解決しない場合は、サポートセンターに電話して確認してみましょう

リーフレットにサポートセンターの番号や受付時間が載っています。

専門のスタッフに対応してもらえるので、困った時は相談してみて下さいね。



充電に使える電源はある?

上島珈琲店では、多くの店舗に電源のある席が用意されています。

ビジネスマンが多いためか、電源席の数も多めのようです。

電源席があるかどうかは、ホームページから確認が可能です。

各店舗の欄の、コンセントのアイコンが目印です。

また電源席のない店舗でも、チャージスポットというモバイルバッテリーを貸し出しているスタンドがありました。

有料のサービスにはなりますが、空いているスタンドならどこでも返却ができます。

お店を出て移動しながらも充電ができるので、急いでいる時に活用したいですね。




スポンサーリンク




上島珈琲店のワイファイ【まとめ】

上島珈琲店ではフリーワイファイがパスワードなしで利用できます。

初回のみ登録が必要で、各種SNSかメールアドレスにより簡単に登録ができます。

接続回数や時間に上限はなく、速くて快適と好評です。

ワイファイの接続方法に関するリーフレットも用意されていますが、不明点があれば店員さんに聞くか、サポートセンターに電話しましょう。

上島珈琲店では、多くの店舗で電源席が完備されています。

電源席のない店舗では、有料モバイルバッテリーの設置場所になっているところがありました。

以上が上島珈琲店のワイファイについてのまとめでした。

登録方法もシンプルですし、接続時間や回数の制限がないのは助かりますね。

ご自宅で作業が捗らない時は、上島珈琲店に行ってみるのもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA