エクセルシオールに【デカフェ】はある?妊婦もOKなの?

この記事をご覧になっている皆さんは、デカフェに興味をお持ちの方だと思います。

デカフェとは、コーヒー、紅茶、ココア、コーラ、緑茶、栄養ドリンクなどに含まれるカフェインを取り除いた飲み物になります。
カフェインレス、ノンカフェインなどもありますが、カフェインの含有量で呼び方が変わります。


・デカフェ→カフェインの入っているものから、カフェインを取り除いたもの。カフェインの含有量は0ではない。
・カフェインレス→元々カフェインの含有量が少ないもの。
・ノンカフェイン→カフェインが全く入っていないもの。

妊婦さんやカフェインをあまり摂取したくない方でも、コーヒー、紅茶を飲みたくなるときがありますよね。

筆者も妊娠中に控えるように言われていましたが、我慢できずにデカフェドリンクを飲んでいました。
今回は、エクセルシオールをはじめとしたカフェのデカフェドリンクを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

デカフェを販売しているカフェはたくさんある!

カフェでデカフェを取り扱っているところはたくさんあります。

エクセルシオール

全店で取り扱ってるわけではなく、エクセルシオール『バリスタ』と店名にバリスタが付いている店舗のみでの販売。HOTコーヒーのみ取り扱っている。

スターバックスコーヒー

ドリップコーヒーとスターバックスラテなどのエスプレッソメニューが+50円でデカフェに変更できる。

ミスド

カフェインレスコーヒー(HOT.ICE)、カフェインレスカフェラテ(HOT.ICE)。

タリーズ

カフェインレスコーヒー(HOTのみ)。

上島珈琲店

カフェインレス無糖(黒糖)コーヒー(HOT.ICE)
カフェインレス無糖(黒糖)ラテ(HOT.ICE)。

ローソン

カフェインレスコーヒー(HOT.ICE)
カフェインレスカフェラテ(HOT.ICE)
などお店によって様々です。
コンビニでは、ローソンのみのようです。

デカフェを置いていないエクセルシオールでは、スムージーや100%オレンジジュースなどが販売しているので、妊婦さんやお子様も安心です。


そもそもなんでデカフェを飲むの?

デカフェは、妊婦さんやカフェインの影響が気になる方が主に飲むドリンクです。
妊婦さんは、カフェインを摂りぎると、そのままカフェインが胎児に与えられ、低体重児になるリスクがあります。

1日あたりの摂取量は200mg(コーヒーをマグカップで2杯ほど)までとされていますが、少ないほうが安心ですよね。
妊婦さんではない方も、カフェインを多量摂取すると不整脈や高血圧、イライラ、不安などを引き起こし、心臓血管機能に悪影響を及ぼす恐れがあります。

健康に気を付けつつ、たくさんコーヒーを飲みたい方にはデカフェはもってこいの飲み物ですね。


カフェインが入っているドリンクとデカフェの味の違い

カフェインが入っていると入っていないものを比べるとデカフェは香りが弱く、味は薄目です。
ですが、全く気にならなかった方もたくさんいます。

筆者も気になりませんでした。

市販品でも、タンポポの根を煎ったタンポポコーヒーや大麦を煎った大麦(オルゾ)コーヒーなどもあり、香ばしい味でカフェインが含まれていないものとは思えないぐらい美味しいです。

オルゾラテは、昔エクセルシオールで商品として提供していました。
妊婦さんをはじめ、たくさんの方が気に入ってくださりました。
期間限定商品だったのですが、ぜひレギュラー化してもらいたい商品です。



エクセルシオールにデカフェはある?【まとめ】

今では、カフェインレスやノンカフェインと言う商品が当たり前にお店に並んでいますが、調べて改めてデカフェ、カフェインレス、ノンカフェインの違いがわかりました。

デカフェを取り入れているカフェもたくさんあるので、各店の飲み比べをしてみたいと思いました。