星乃珈琲店の【本店と1号店】はどこ?成り立ちを大公開!

自宅の近くに星乃珈琲店はありますか。星乃珈琲店は2019年現在、全国に230店舗以上展開している人気チェーン店カフェの1つです、モーニングやランチ、ティータイムなど様々なシチュエーションで利用することができるのが、星乃珈琲店の魅力です。皆さんも一度は訪れたことがあると思います。


今回はここまで世間に知れ渡るようになった星乃珈琲店の本店や1号店など、歴史について掘り下げていきます。






スポンサーリンク

星野珈琲店の1号店と本店は同じ店舗

星乃珈琲店に本店という名の店舗は存在しません。星乃珈琲店の利用者やファンの間では、1号店が本店と同一店舗という認識になっています。星乃珈琲店の1号店は埼玉県蕨市に存在します。星乃珈琲店は東京に多数の店舗を構えているので、東京に1号店があると思っていた方もいるのではないでしょうか。

第1号店が開店した当初は、焼きたてパンを主に販売するコーヒースタンド型ショップで、現在の星乃珈琲店の経営スタイルとは全く異なる形態でした。蕨市にある1号店は駅から徒歩15分程の国道沿いに位置しており、正直なところアクセスが良いとは言いにくいです。

しかし、蕨市は郊外なこともあり近くに住んでいる方たちは車を所持しているので、国道沿いの駐車場完備の店舗は訪れるのには適した立地と言えるでしょう。都内からも訪れることができる距離ですので、気になった方は一度訪れてみて下さい。





星野珈琲店にもう1つの1号店?

1号店が蕨市にあることをお伝えしましたが、星乃珈琲店のファンの間では別の店舗がある意味での星乃珈琲店の1号店では?と言われている店舗があります。

その場所は、郊外で静かな場所にある蕨店とは真逆な環境の都内新宿にある新宿東口店です。新宿東口店が1号店なのでは?と言われている理由は、スフレパンケーキを始めとしたスフレ系メニューを初めて提供した店舗だからです。星乃珈琲店と言えば、スフレパンケーキ又はスフレドリアなどスフレ系メニューが人気な上に有名ですよね。


初めて星乃珈琲店に訪れた理由がスフレパンケーキを食べたくてという方も多いのではないでしょうか。そんな看板メニューが誕生した地である新宿東口店が1号店と囁かれているのです。しかし、オープン日は蕨店が2011年3月18日、新宿東口店が2011年4月29日です。

オープン日を見ると蕨店が1号店で間違いはないですが、スフレパンケーキが誕生した新宿東口店も1号店と呼ばれる意味も分かりますね。ちょっとした星乃珈琲店についての豆知識にもなりますので、1号店に纏わるこのエピソードは覚えておくのも良いでしょう。






星乃珈琲店の運営会社

ここで、星乃珈琲店の運営会社についてお伝えしていきます。星乃珈琲店の運営会社は、ドトール日レスホールディングスのグループ会社の1つ日本レストランシステムです。ドトールという名前を聞いて1つのカフェが頭に浮かんだ方もいらっしゃるでしょう。

星乃珈琲店は同じく全国展開しているドトールカフェと同じ経営会社なのです。星乃珈琲店とドトールという全国的に有名な2ブランドに繋がりがあったことは意外ですよね。

星乃珈琲店は2011年に1号店がオープンしたばかりの比較的新しいカフェです。2019年現在オープンしてから約8年で、全国展開を果たし230店舗ほどまでに数を増加させました。現状は都内や都市部に店舗数が多いですが、これからは郊外や地方にも店舗数を増やしていくのではないでしょうか。




星乃珈琲店の本店と1号店はどこ?【まとめ】

星乃珈琲店の歴史について触れてきました。本店や1号店の場所など、星乃珈琲店の成り立ちについて知ることができたでしょうか。この記事を読んでいる方は、星乃珈琲店が好きという方、又は気になっているという方が多いのではないでしょうか。

星乃珈琲店が好きという方は一度、1号店の蕨店に訪れてみることをおすすめします。星乃珈琲店がスタートした地に訪れ、レトロでシックな店舗で有意義な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。