藍屋のお食い初めが【凄い】理由とは?値段や口コミもチェック!

赤ちゃんが産まれて100日目を迎える頃に、「お食い初め」という儀式が行われます。

100日は目安ですがおおよそ赤ちゃんに歯が生える頃と言われています。
赤ちゃんが「一生食べ物に困らない様に」「丈夫な歯が生えるように」という意味合いで行われるお食い初めの歴史は古く、平安時代に遡るといわれています。



しかし、このお食い初め、準備がたくさんあるのです。
専用の食器やメニュー作りなど大変忙しいです。昔は自宅で行っていたのでしょうが、忙しい現代では厳しいものがありますね。

そこで「藍屋でお食い初め」をしちゃいましょう。

藍屋と言えばすかいらーくグループが展開する和食のファミリーレストランチェーンです。

懐石料理屋ほどの敷居の高さはありませんが、低価格ファミレスほど安さを追求していません。

七五三のお節句や、卒入学のお祝いなどでもよく使われているようです。

藍屋のお食い初めはネットでもよい口コミばかりです。

ここで詳細をご覧になって頂き、選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか?



スポンサーリンク

藍屋のお食い初め膳 そのメニューは?

お食い初めのメニューは昔から鯛、赤飯、お吸い物、煮物、香の物と言われています。
確かにこれを自分で調理するのは大変ですね。


藍屋のお食い初め膳、圧巻なのは鯛です。

鯛の大きさは30㎝以上あり、祝いのノシが付いています。いかにもおめでたいといった雰囲気。次にお吸い物です。お吸い物は「吸う力をつける為」だそうです。藍屋はマイタケなどのキノコだしが効いたお吸い物です。

煮物は「大根、海老、ニンジン、インゲン」の定番煮物で、香り物は大根などの漬物です。

どれもシンプルな仕上がりですが、さすがは和食店。しっかりと出汁が効いていてどれも非常に高品質です。栗入り赤飯も器で出てきますが、お土産用に更にいただけます。栗には開運の効果があり、赤飯には魔除けの効果があるそうです。



藍屋のお食い初め膳 その食器は?

お食い初めで使用する食器も、伝統を重んじるのであれば購入の必要がありますね。

食器は男の子用と女の子用に分かれています。男の子は外側も内側も朱塗りの食器を使用します。

女の子用は外側が黒塗りで内側が朱塗りです。また、歯固め石や祝箸なども必要で、それだけ揃えるだけでもかなりの料金がかかると予測されます。

しかし、藍屋で行えばその点も解決です。
男女別のお食い初め用専用食器も準備されていますし、祝箸もあります。

歯固め石は梅干しで代用しておりますが、衛生面を考えればそれもありかと思います。大切なお子様の将来の事です。

伝統やしきたりを重んじる気持ちはとてもよくわかります。しかし、自分たちの趣味や趣向にあった形で行うもの大切な考えかと思います。予算的にもサービス的にも藍屋のお食い初め膳はお子様の将来を十分考えられたものとなっております。



藍屋のお食い初め膳 注文の仕方と値段

藍屋でお食い初めを行う場合、実施日の3日前までには予約を入れておく必要があります。
当日の混雑状況などにもよりますので3日前より余裕を持って予約することをお勧めします。直接、該当店舗に電話かネットでの予約となります。お食い初め膳だと事前に店側が確認しなければならないことがあるので電話の方が伝わりやすいかもしれませんね。

男の子か女の子かによって提供する食器も違いますし、鯛は姿焼きかお造りかによっても準備が変わります。

店側もお食い初めの重要性を認識しており、ミスがない様に配慮してくれています。
気になるお値段は¥5000(税抜)です。
お食い初め膳一つを注文し、お連れの方はお好きなものを注文するという形です。



藍屋のお食い初めが凄い理由とは?【まとめ】

藍屋でお食い初めを行うメリットを色々話しました。

藍屋では過去にお食い初め膳を何回も提供している関係で、お食い初めに関する知識も豊富かと思います。

また、店舗によっては座敷個室も完備されております。その為、お食い初めの途中で大切な赤ちゃんを落とす心配もありませんし、大泣きしてもゆっくりと慌てず執り行うことが出来ます。

お子様にとっては一生に一回の大切なものです。失敗はしたくありませんね。もし、お食い初めでお悩みの方がいらっしゃれば、藍屋でお食い初めを検討材料の一つに加えてみてはいかがでしょうか?

藍屋

Posted by tassyon