華屋与兵衛でお食い初めする場合の、おすすめのメニューは?

2019年5月18日

和食レストラン『華屋与兵衛』はお座敷もあり、落ち着いた雰囲気のある食事処
お正月はおせちの配達をやってたり、日本人の生活に密着したサービスを行っています。


ところで華屋与兵衛でお食い初めってできるのでしょうか。お食い初めは、赤ちゃんの100日のお祝い。乳歯が生え始めるこの時期に食べ始めの儀式。
ちゃんと準備をしようにも生まれて3か月ちょっと、忙しい日々で忘れていたなんてことも。そんなとき華屋与兵衛で手軽にお食い初めを済ます方もいるようです。




スポンサーリンク

お食い初めとは?

家族の年長者が赤ちゃんにご飯を食べさせる(ふりをする)儀式です
生後100-120日の間に行います、両家の両親を家に呼んでてと言うのが一般的です、田舎では親類知人を呼び寄せてと言うことろもあるようです。

食べさせる真似をする役は、「養い親」が行います。「養い親」とは、長寿にあやかるという意味から身内で最年長の人が行うことになっていますが、最近では祖父母に頼む、又は親自身のことがほとんどのようです。男の子なら男性が、女の子なら女性が「養い親」となり、自分の膝の上に赤ちゃんを乗せて食べさせる真似をします。


儀式は、歯固めの石にお箸を軽く当ててから行います。

この歯固めの石はお宮参りでもらうといいます、ない人は近所の神社から拝借(おわったきちんと戻しましょうね)でもいいようです。一応きれいに洗いましょう。
食べ物は、ご飯・汁物・ご飯・お魚・ご飯・汁物と順番があり、これを3回繰り返します。


さいごに、石のように丈夫な歯が生えますようにという願い、そのお箸を赤ちゃんの歯ぐきにやさしく、ちょんちょんとあててあげましょう。石を直接赤ちゃんの歯にあてるてることは危ないのでやめましょう。


食べ物は、大人が食べます。
家族が集まったなら記念の写真を撮るのもよいでしょうね




正式なものだと、鯛、赤飯、お吸い物、煮物、香の物の5品を用意します。



華屋与兵衛でお食い初めをするには?

お食い初めにおススメのメニュー

華屋与兵衛では、「お子様松華堂」と言うメニューがありお食い初めに代用する人が多いみたいです。


えび天やお寿司などがあるのですが、赤飯もタイもお汁もありません。タイのお寿司は一貫から頼めますが。
でも、あかちゃん自体はたべないので、品はあまり関係ないかもしれませんね。
儀式の石があれば、大丈夫ですし、お重の華やかな食べ物はお祝いにふさわしいとおもいます。


お食い初めにはお座敷席予約が必須

華屋与兵衛ではお座敷席があり、トイレのおむつ交換スペースも確保されていて子供連れでも利用しやすい店です。赤ちゃん用お湯も用意してくれたり、店員さんも子供への配慮は評判が良いです。

思い立ったお食い初めにはちょうどよい場所ともいえますね。

予約していったという人も予約もなくいったという人も見られました。
お食い初めのための専用のメニューはないのですが、お食い初めするにはやはり座敷の席が良いので、お座敷席を予約されるのが良いでしょう。


またお祝いだけではなく、法事や宴会もお座敷で受けているようです。家族利用に強いということでしょうか。


お食い初めはするのかしないのか

あまり聞きなじみがないお食い初めといった感じなのですが一般的にお食い初めをする人はおおいのでしょうか。


調べてみるとやっている家庭も結構いました。
簡単に家で済ます人もいて、レストラン利用、宅配膳、それぞれかなと思います。


こだわりがある家庭では、やらなくてもめごとの種になるなんてことも。
知ってしまったら、やらないわけにもいかないのかもしれませんね。


子供の成長を願っての儀式です。歯を丈夫にとか、一生食べ物に困らないとか、長寿をねがうとか大事な思いに代わりありません。くれぐれも、もめないように、したいものですね。


華屋与兵衛でお食い初め【まとめ】

簡易お食い初めには、華屋与兵衛が便利でなことがわかります。
やらずに後悔するよりは、手ごろにできた方がいいかもしれません。
正式にやりたい人は専用メニューがあるお店に予約がいいと思います。