華屋与兵衛のうなぎの産地はどこ?国産OR中国産を徹底リサーチ!

2019年5月18日

華屋与兵衛は和食レストランとして、ちょっと高級というイメージのあるお店です。
和食の中でも欠かせないのは「うなぎ」ですが華屋与兵衛のうなぎって、どんなうなぎなのでしょうか。


イメージです。


価格や味の評判、それからやはり気になるのは産地ですね。
今回の記事では華屋与兵衛で食事できる「うなぎ」の産地やメニューと評判などについてリサーチしてみました!



スポンサーリンク

華屋与兵衛ウナギのメニューと味の評判

たくさんの種類のメニューがある中でもうなぎは人気です。
実際の口コミでも満足の声が多いです。

定番人気「うな重」です。
こちらは、ふっくらとした身と香ばしいうなぎが特徴の1品となっています。


そのうなぎと錦糸卵がご飯の上に敷き詰められており、一般のうな重より手が込んでいるといった印象を受けます。お吸い物とお漬物が一緒のセットは、値段は1,490円(税抜)
うな重にミニサイズのお蕎麦がセットになった商品もあります。1750円(税抜)

小うな丼刺身御膳1790円(税抜) さしみ、小うな丼、そば、季節の小鉢のセット
小うな丼と二八そば 1190円(税抜) お吸い物つき

確認できる範囲で3月には出ているメニューです。
1年中と言うことではないのかもしれませんが、グランドメニューの品です。

また、2015-2016年、土用に時期には「黄金のうな重」なる品も出ています。
うなぎの上にだし巻き卵がどーんと乗っかっている重が出ています。金色卵の中からうなぎが出てくるのは目にも楽しいですね。おいしいとの口コミもありました。

昨年のうなぎフェフェアは

ひつまぶし風 鰻ちらしし じみ土瓶蒸し付1790円。(税抜)
上うなぎ2390円(税抜)

グランドメニューのいつも出しているウナギより上物を出しているということですね。

毎年夏フェアにはウナギ料理に変化と工夫を凝らしているようです。
華屋与兵衛のうなぎは卵で飾られているものが多いような気がします。華やかきれいです。ウナギと言うとやはり色は決まってしまうので、この色彩はとても新鮮な気がします。



華屋与兵衛のうなぎの産地と質は?

気になるうなぎの質というと、産地の明言はありませんが、華屋与兵衛のうなぎの産地は国産ではなく中国産のようです。


華屋与兵衛の属するゼンショーグループはウナギについて
中国産うなぎに対する不安の声があるのを承知の上で、グループのうなぎはすべて安全を確認したものです。
としています。

ゼンショーグループではうなぎ成育状況を確認するため、グループ本部の社員が現地を訪問し、安全性を確認しています。と言っています。

輸入前、輸入後も徹底した衛生管理工程を施しをしているとしているのですね。だから安心。とあります
大きいグループで自社独自の管理をしているあれば安全に感じられるのではないでしょうか。


華屋与兵衛のうなぎの味は美味しい?

華屋与兵衛のうなぎはおいしいと評判もいいです。
メニューには中国産とは書かれていないものの、国産とも書かれていないです。


そのしれっとした感じでおいしそうな写真が堂々と移っていて、味で勝負と言った感じでしょうか。価格もあまり張らないので、評価もやさしいといった感じでしょうか
産地わからないけどおいしい。と言う声もあって産地を大々的に明かさないこともいいのかもしれませんね。むしろその方が謎めいていていいとか。購買意識をそそるのかもしれません。

値段の割に意外においしいという評価が多いです。と言うことはブランドにはこだわらず良いものを出しているのだなあと感じますね


国産うなぎを出すファミレスは?

どうしても国産にこだわるなら、夢庵は毎年国産うなぎを提供しています。そのほかにも、ロイヤルホストなども国産うなぎがあります。
お値段はやはりお高めといえますね


華屋与兵衛のうまぎの産地や味の評判【まとめ】

華屋与兵衛のうなぎを見てきました、国産とはいかないものの、徹底管理された、おいしいうなぎを提供しているというのがわかります。また華屋与兵衛のうなぎは卵を使った華やかで見た目が良いのは、特徴としてあげられると思います。

夏の体力づくりに華屋与兵衛のうなぎウナギはお勧めです。