マックシェイクは赤ちゃんが【母乳】を吸う力と同じ力で飲めるようになっているんだって!の噂を検証します

なんと、マックシェイクは母乳と関係があった?
そうなんです。シェイクの堅さは赤ちゃんが母乳を吸うのと同じ力で吸えるようになっているんですって!


今までそんなこと考えもしないで吸っていましたが、そんな深い計算があったなんて恐ろしいですね~。
さすがマックさんです。

そして、その速度にするのにストローが深く関係しているようなのです!
ほほう。面白そうなので調べてみましょう!




スポンサーリンク

マックシェイクってなに?

まずはマックシェイクについて語ってみましょう。
マクドナルドのシェイクは、常時バニラ・ストロベリー・チョコ味があり季節に応じて限定の味が出たりします。

価格は、Sサイズ120円・Ⅿサイズ200円です。
安いです!手軽に飲める価格ですよね!

ではでは、そんなお手軽な飲み物のマックシェイクと母乳の関係についてお伝えしていきましょう!




マックシェイクのおいしさの秘訣は母乳のスピード!

マックシェイクってけっこう力強く吸わないと飲めないですよね~。
実は、それには細かな計算があり、赤ちゃんが母乳を吸う力と同じになるようになっているんです。

なぜかというと、人が吸って飲み込むのに1番おいしく感じるのが母乳を吸う力なんですって。


この研究した人すごいですよね!
おいしさを追及したら、この研究にたどり着いたのかしら・・・。

そしてこの母乳と同じスピードにできるように工夫されているのが、ストローなんです!
シェイクのストローは普通のストローより一回り大きくなっていて、平均的な女性の乳首のサイズなんだとか。

少し大きくすることで母乳と同じスピードになるように計算されているんですね。


正直、買ったばかりのマックシェイクはかなり吸いづらいと思っていたので、赤ちゃんは母乳を吸うためにかなり頑張っているんだな・・と思っちゃいました。

それにしても、マクドナルドさんのかなりの研究と計算により、シェイクはおいしく飲めるようにできているんですね~!!




シェイクのストローも?プラスチックストロー廃止の動き

今、世界の流れはプラスチックを廃止していこうというものです。

ゴミによる海の汚染など深刻です。
海に魚よりゴミが浮かんでるなんて予想もあるんですって。

なのでマクドナルドもプラスチック削減に取り組んでいます。


2016年からアイスコーヒーのカップをプラスチックから紙のカップに変えたり、ハッピーセットのおもちゃをリサイクルしたりなどなど他にもありますが削減の動きが始まっています。

2025年を目標に、プラスチックストローを紙のストローに替えていくようです。

今の所、どのように替えていくかは決まってないですが、シェイクのストローも紙になるんです。
ヨーロッパでは紙ストローが始まっていて、シェイクに関しては賛否両論な模様ですね・・・。

環境問題と外食産業、難しい問題です・・・。




マックシェイクは赤ちゃんが母乳を吸う力と同じ力で飲めるようになっているんだって!【まとめ】

マックシェイクと母乳の関係は深いものがありました。

ちなみにマックと母乳の思い出なのですが、私は産後すぐにマクドナルドのポテトを食べようとしたら、看護婦さんに母乳に影響が出るからやめたほうがいいと言われた事があります。

どうやら、マクドナルドの商品は塩気と脂質が多く含まれているのでおっぱいが詰まるから気を付けて、という意味のようです。
マックばかりを食べるのはまずいと思いますが、なんでもバランスよくってことですね。


そうこうしているうちにシェイクが飲みたくなってきたな~。店員さんはシェイクのストローの事実を知っているのかしら・・。シェイクを頼んで、「あいつこれから母乳を飲むんだな」と思われたら恥ずかしいかも(笑)

万年ダイエットの私にはシェイクよりお水を飲めーーって感じなんですが、シェイクの感触やめられなーーーい!