ピザーラの【イタリアン生地】ってなに?生地について解説!!

大人も子供もみんな大好きピザーラ♪大人数のパーティでも少人数でも。パーティには欠かせないのがピザーラには、三種類の選べるピザ生地がある事をご存知ですか?!


スーパークリスピー・ハンドトス・イタリアンです。
今回は、それぞれの生地の特徴などを調べてみました。







スポンサーリンク

ピザーラのスーパークリスピー生地

スーパークリスピーは、薄くてサクサクっとした生地です。軽い感じでたべられるので、結構何枚も食べられると思います。私はスーパークリスピー派です。薄いので、片手で半分に折って食べます。

生地が薄いので、お腹にたまりにくく、お酒のお供にもいいと思います!ビールとの相性抜群です♪子供もサクサク食べやすいと思います。

私のオススメは、沢山の種類のピザを注文する時は、生地をスーパークリスピーにすることです。薄くて沢山食べられるので、色々な種類のピザを食べられると思います。







ピザーラのハンドトス生地

ピザといえば、最初に思い浮かぶ生地がハンドトスだと思います。ピザの周りの縁がふっくらしていて、縁には具は乗っていません。縁に具が乗っていないので、手で持って食べやすいのも特徴です。

持ち上げた時も生地がしっかりしているので具も落ちにくく食べやすいと思います。ふっくらもちもちパン生地タイプの生地で、美味しく食べられます。ハンドトスは結構お腹にたまると思います!

ハンドトス生地限定で、誕生日や記念日にぴったりの、「ハートピザ」があります。ハート形のとってもかわいいピザですよ♪







ピザーラのイタリアン生地

ピザーラのイタリアン生地は、ピザの耳の部分までチーズが乗っているんです!全体的にふっくらな生地で、こちらもハンドトスと同様にパン生地タイプのピザです。

最後の最後、耳の部分までチーズを味わえるため、チーズ好きにはたまらないですよ!!ハンドトスとイタリアンの生地は、パンの名店「浅野屋」と共同開発したオリジナルの生地です。厳選された小麦粉を、研究を重ねてブレンドし、生イーストを使って二度低温発酵を繰り返します。

発酵時間はその日の気温や湿度に合わせて調整し、小麦粉の旨味を最大限に引き出します!ピザーラでは、イタリアン、ハンドトスの生地は作り置きはせず、注文を貰ったら一枚一枚丁寧に伸ばし、焼き上げているそうです。

ピザーラ自慢のこだわりの生地ですね!








ピザの発祥の地イタリア

ピザの発祥の地はイタリアって知ってましたか??小麦粉ベースの生地に、にんにく・ラード・塩などを塗って焼いたものが始まりと言われています。17世紀ごろイタリアで「ピッツァ」と名前がついて普及し始めたのは、トマトがトッピングに使われ始めてからようです。

こんなにも昔からピザに近いものが作られていたのは驚きです!!日本ではパーティなんかで大勢でピザをシェアしたりすることが多いですが、イタリアでは基本的にピザは1人一枚注文し、シェアはしないそうです。

そして、ピザーラでは扇型にカットされて提供されますが、イタリアのピザはカットされておらず、自分でナイフとフォークで切り分けて食べるそうです。







ピザーラのイタリアン生地ってなに?【まとめ】

イタリアで何千年も前に作られたピザ。現代に至るまで、沢山の人が研究に研究を重ねて、独自の美味しいピザを作ってきたんですね。ピザーラのピザ生地も、一枚一枚丁寧に作られたこだわりの生地です。

スーパークリスピーもハンドトスもイタリアンも、絶品です!サクサク何枚も食べられるのは、スーパークリスピー。チーズを最後の最後の耳まで楽しみたいならイタリアン。少ない枚数で満足感を得られるのは、ハンドトスかな、と思います。

その時の気分によって、生地も楽しんでみてくださいね♪