グラッチェでwifiは使える?設定方法はどうしたらいいの?

すかいらーくグループの一つのグラッチェガーデンズは、イタリア料理がメインのファミリーレストランです。

待ち時間の間にスマートフォンを使いたいけどインターネットのギガ数が気になります。


こんな時にWi-Fiが使えたらギガ数の節約になりますが、グラッチェガーデンズではWi-Fiは使えるのか、使えるのなら設定方法はどうしたらいのかをあげていきましょう。


スポンサーリンク

グラッチェガーデンズではWi-Fiは使えるのか?

グラッチェガーデンズを含めてすかいらーくグループでは一部店舗を除いてWi-Fi設備が完備されています。スマートフォンだけでなく、Wi-Fiの機能があるタブレットやノートパソコンも利用できます。

Wi-Fiの種類は、フリーWi-Fiは完備されていますが、一部店舗ではauのWi-Fi、NTTドコモのWi-Fi、wi2 300が使えます。(いずれも使える場合は、ステッカーが貼ってありますので確認をお願いいたします。)


フリーWi-Fiの設定方法

スマートフォンでの設定方法は、端末の設定画面でSSID: “.Wi2_Free_at_[SK.GROUP] ”を選択し端末でブラウザ起動します。

次にログインしますが、ログイン方法は、Facebook、Twitter、ヤフージャパンのID、GoogleのID、Eメールとありますが、いずれかを選んでください。

画面に従ってログインをした後、指定のEメールアドレスにURLがありますので、5分以内にクリックしてください。クリックした後は認証ができたということになりますので、すぐWi-Fiが使えます。



Wi-Fiは利用制限があるの?

フリーWi-Fiにおいては、一度ログインして設定したら、1回当たり60分まで使用できます。1日のログインの回数は3回までです。長居をする場合は時間と1日のログイン回数に注意して利用しましょう。

auのWi-Fi、NTTドコモのWi-Fi、wi2 300のいずれか使っている人は、時間制限もログイン回数の制限が基本的にないので、au、NTTドコモのスマートフォンを使用している人やwi2 300の会員になっている人はぜひとも活用しましょう。


フリーWi-Fiを使用するときの注意点など

フリーWi-Fiは、パスワードの入力がない分、セキュリティ対策がされていないことが多いので、利用するときはウェブの観覧程度にとどめましょう。特にクレジットカードの情報やパスワードや個人情報などを入力するときは、悪意のあるハッカーに盗み見されたり、抜き取られるなどの恐れがありますので絶対にやめましょう。

auやNTTドコモのWi-Fiは、それぞれのスマートフォンや携帯のユーザーのみ、wi2 300は会員のみ利用でき、セキュリティ対策がきちんとしていますが、もし心配なら、ポケットWi-FiなどのモバイルタイプのWi-Fiルーターを持参しましょう。

最近はノマドワーカーも増えてきて、カフェだけでなく、グラッチェガーデンズをはじめとするファミリーレストランで作業をする人もいますので、ノマドワーカーの方は、モバイルタイプのWi-Fiルーターを契約して持参することをお勧めします。



グラッチェでwifiは使える?設定方法はどうしたらいいの?【まとめ】

グラッチェガーデンズをはじめとするすかいらーくグループでは一部店舗を除いてWi-Fiが完備されていますのでギガ数を気にせずに使えますが、フリーWi-Fiはセキュリティの面で危険があるのと、利用制限があるので注意しましょう。

auのWi-Fi、NTTドコモのWi-Fi、wi2 300も使える店舗もあるので活用するとともに、モバイルタイプのWi-Fiルーターも持参も視野に入れて、美味しい食事を楽しみましょう。