サイゼリヤでquicpayは使える?他、使える支払い方法を解説!

2019年5月18日

今世界では「キャッシュレス革命」という現金を使わずにカードや電子マネーで支払う「キャッシュレス社会」が進展しています。


そんな「キャッシュレス化」する現代にApple payの普及とともに利用者を増やしているquicpayをみなさんはご存知でしょうか。
お財布を持っていかなくてもスマホやカードを機会にかざすだけで払えるというなんとも便利な電子決済サービスのひとつです。



コンビニをはじめとして、ドラッグストア、飲食店などさまざまなお店で利用することができます。



私もquicpayで支払うと特典もあり便利なので、なるべくquicpayで支払いをするようにしているのですが、ある日びっくりしたことが起きました。
なんとサイゼリヤでquicpayが使えなかったんです!



チェーン店は大体の場所がquicpayを使えると思っていたのですごくびっくりしました。
またもっと驚いたのが、サイゼリヤのレジをざっとみたところ電子決済をするような機会がひとつも見当たらなかったんです。



そこで今回はサイゼリヤではquicpayをはじめとする電子決済サービスを利用できるのかということについて調べていきたいと思います。



スポンサーリンク

サイゼリヤで使えるクレジットカードって?

VISAカードやMaster Card、JCBカードなどのクレジットカードは大体どんなお店でも使えますよね。



しかしサイゼリヤではクレジットカードは一切利用することができません。
本当に驚きました。


しかしショッピングモールなどに入っているところでは本当にごく一部の店舗ですが使えるところがあるみたいです。


サイゼリヤで使える電子マネーって?

次はquicpayをはじめとする楽天pay、nanakoなどの電子マネーです。

先ほどquicpayは使うことができなかったと言いましたが調べてみたところやはり他の電子マネーも一切使うことができないようです。

クレジットカードと同じように一部の店舗ではPasumoなどの交通マネーを使えるところがあるらしいのですが、大体のところでは使えないそうです。



ということでサイゼリヤは現金払いしかできないということです。
なぜサイゼリヤが電子決済サービスを導入しないのか気になりますよね。
その理由は次の項目で詳しくみていきましょう。



なぜサイゼリヤは「キャッシュレス化」しないの?

世界の各国の国が「キャッシュレス化」していく中、今日本でも2020年の東京オリンピックに向けてキャッシュレス化が進んでいる真っ最中です。



そんな中なぜサイゼリヤは電子決済サービスを導入しないのか。
その理由はサイゼリヤの安い価格が原因だと言われています。



クレジットカードや電子マネーを利用すると一旦カード会社などに通して手数料のようなものを払わなきゃいけなくなりますよね。
つまり現金払いではかからない無駄なコストがかかってしまうんです。



ドリアやパスタを299円や399円といった500円以下の低価格で提供しているサイゼリヤにとってその手数料はかなり痛いと思われます。



電子決済サービスを利用しているお店の一部にはカード支払いなら何パーセントか値段を高くしますといって手数料もお客さんに払わせるお店もありますが、サイゼリヤは「299円のミラノ風ドリア」「399円のアラビアータ」というようにその安さを売りにしているので値段を変えたりは簡単にはできないようです。


私もサイゼリヤの300円にしないでギリギリ200円代の299円というこだわりの価格が好きなのでそのまま電子決済サービスを導入しないスタイルでいいかなとも思います。



サイゼリヤでquicpayは使えるの?【まとめ】

今回はサイゼリヤでquicpayが使えるかとそれに関連させて他の電子決済サービスも利用できるかについていろいろと調べていきました。


サイゼリヤではquicpayをはじめとした電子マネーやクレジットカードは利用することができません。


他のお店がquicpayなどを導入している中、サイゼリヤだけが利用不可なのは少し不便だとは思いますが、あんなに美味しくて低価格で料理を提供してくれるサイゼリヤのことを考えたら不便だなんて思わないですよね!



サイゼリヤに行く時には忘れずに現金を持って行ってくださいね。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。