スシローで【quickpay】は使える?使えるお店や使い方について詳しく解説!

大人気チェーン店スシロー。そんなスシローですが、最近話題のquickpayが使えるのかについてですが、結論をいいますと、残念ながら現在はまだ使えないという結果でした。


ですが、現代社会の中では、主流ともなってきたquickpay、実際使えるお店や使い方について詳しくお伝えしていきたいと思います。



スポンサーリンク

スシローでquickpayは使えるの?使えないの?

実際quickpayがスシローで使えるのかどうかについて電話して聞いたところ、8月現在ではまだquickpay導入はしておりませんとの返答でした。

しかし、quickpayは使用できませんが、QRコード決算の、LINEpay・paypay・Rpay・メルpay・aupayなどで支払うことが可能となっております。


また、現在コロナ渦で密を避けるために、QRコード決算される方のみとはなりますが、セルフレジが設置されている店舗も多く見かけるようになってきました。(一部店舗のみ)



では実際、quickpayが使えるお店はどこ?

では、大手チェーンのスシロー以外のお店でquickpayはどこで使えるの?と疑問に思いますよね?
実は、身近にあるたくさんのお店でquickpayを使うことができるのです。

⑴コンビニ(デイリー・セイコー・セブン・ファミリーマートなど)
⑵ガソリンスタンド(エネオス・昭和シェル石油)
⑶スーパー(アークスグループ・アコレ・イオングループ・イズミ・マルナカなど)
⑷ドラックストア(ウォンツ・ウエルシア・金光薬局・くすりのレディーなど)
⑸カフェ(コメダ・銀座ルノアール・タリーズ・ドトール)
⑹居酒屋(かまどか・庄や・とりかくなど)
⑺ファーストフード(CoCo壱番屋・すき家・マクドナルド・モス・吉野家・リンガーハット)
⑻グルメ(いきなりステーキ・回転寿司花まる・海都・ガスト・はま寿司など)
⑼タクシー(宝交通・名古屋近鉄タクシー・日の丸自動車)
⑽家電量販店(エディオン・コジマ・ジョーシン・ヨドバシカメラなど)

様々な場所で、quickpayを使うことができるようになっています。

一部地域では使えない場所もあるみたいですが、全国的に使用することが可能で、お得に使えたりもするので、私も買い物などするときは、還元目的で使うようにしています。


注意点としては、キャリア決算にしておくと、いくらつかったのかわからず、莫大な金額を使ってしまっている場合も実際私はあったので、そこだけ注意し、上手に使用すれば、絶対お得だと思います。



quickpayはどうやって使えばいいの?

かざすだけで素早く支払いができたり、全国で利用できるquickpay。
ですが、言葉などは知っているけど、使い方がいまいち…。という方多いですよね?そんな方にもわかりやすく解説!

使用する前準備(iPhone編)

⑴クレジットカードを用意
⑵Walletアプリを起動し手順に従うだけ
すごく簡単に登録できます!

登録後の使い方

⑴店頭にてquickpayでの支払いを伝える
⑵携帯をかざす
⑶青色から黄色に変わればお支払い完了
⑷お客様控えをもらう

ここでポイントなのが、お客様控えを必ずもらうことです。
仮に請求金額が間違えていても、控えさえ持っていれば証拠の1つとなるので、必ず受け取ることをおすすめします。

他のpayよりも簡単に登録ができ便利です。カードさえあれば、誰でも利用することが可能で、若者には話題となっています。



スシローでquickpayは使える?【まとめ】

本記事ではスシローでquickpayが本当に使えるの?使えるお店や使い方について詳しく解説!について詳しくお伝えしていきました。


私もpayを利用していますが、quickpayに関してはすごくわかりやすい手順で、主流になってきているので、今後、全国・全店舗で利用ができるようになってほしいなと思っています。

しかし、便利な分、危険と隣り合わせということも頭に入れながら、利用して頂きたいと思います。