吉野家での【頼み方】!テイクアウトでスマートに注文するにはどうしたらいい?

時々、無性に食べたくなる吉野家の牛丼。
皆さんは、お店で食べる派ですか?それとも持ち帰って食べる派ですか?


去年10月の低減税率の導入で、吉野家でもイートインとテイクアウトの価格が異なるようになりました。
定価352円の牛丼並盛の場合は・・・

お店で食べると10パーセントの消費税で、387円。テイクアウトの場合は8パーセントで380円となります。
持ち帰りの方がお得に食べることができますよね。

そこで、今回は吉野家のテイクアウトの場合の頼み方をまとめていきます。

お店で食べたことはあるけど、持ち帰ったことはない。そもそも一人でお店に入る勇気がなくて、吉野家未経験・・という方にも見て頂ければと思います。



スポンサーリンク

お店での注文は簡単!

まずはお店での頼み方です。
お店に行くと、「お持ち帰り/TAKE OUT」と書かれたコーナーがあります。(ないお店の場合は、店員さんに聞いてみて下さいね)

迷わず向かいましょう。すると、店員さんが「お持ち帰りですか?」と親切に迎えてくれます。
メニューが置かれていますので、選んで頼みます。

頼み方としては「牛丼・並一つ」というように、メニューとサイズ、数を伝えるといいです。
お店が混雑していない限りは、注文後すぐに出来上がります。一緒に紅ショウガやトウガラシも入れてくれますよ。

私が行った店舗では2分ほどで出てきました。さすが「うまい・やすい・はやい」を誇る吉野家。
あとは、支払いをして持ち帰りましょう。あっという間で、とても簡単ですね。



優柔不断さんにお勧め「事前予約」

しかし、ちょっとした落とし穴があります。
久しぶりに吉野家に行く方は、驚くことでしょう。なぜなら、メニューがものすごく豊富なのです。

定番の牛丼の他に、牛カルビや豚の生姜焼き、カレーライス。さらにはヘルシー志向の消費者のためにライザップとコラボした牛サラダエビアボカドと実に様々です。


お店によっては、唐揚げやフライがある所もあります。まるでファミレスのようです。
吉野家と言えば牛丼、それに玉子や味噌汁をつけるくらいと思っている世代は、びっくりしてしまうかもしれません。

私もどれを食べようと目移りしてしまうタイプなのです。でも目の前に店員さんがいると焦ってしまいます。早く選ばなきゃと決めて、後から後悔してしまうこともあります。


そこで、お勧めなのが、事前予約です。
吉野家では電話やスマホで、あらかじめ予約することができます。

1個からでも注文することができるので、安心ですね。
では、事前予約の方法を具体的にご紹介しましょう。


事前予約法①電話編

まずは電話の場合です。
電話予約は、ホームページなどでメニューを見て、お目当ての物を選びます。お店で選ぶより、じっくり考えられます。
メニューが決まったら、店舗検索をして、希望のお店に電話をかけるだけです。
時間も指定できるので、列に並ぶことなく受け取ることができます。


事前予約法②スマホ編

一方、スマホの場合です。会員登録もいらないので、こちらも簡単です。(ただし、パソコンやガラケーからは利用できないので、ご注意下さい。)

希望の店舗を選べば、テイクアウト注文のサイトがあります。ここでメニューを選ぶだけです。写真や価格が一覧になって見やすくなっています。

親切なことに、細かなリクエストもできます。つゆの量は「普通・つゆだく・つゆぬき」から選択でき、ご飯の量も「普通・少なめ」から選ぶことができます。

事前予約でも好みの牛丼にカスタマイズできるのは有難いですね。あとは注文を決定し、希望時間と電話番号を入力すれば、注文確定です。

SMSで「出来上がり番号」が送られてくるので、お店でその番号を伝えましょう。
お店で番号を伝えると、ちゃんと用意が出来ていて、滞在時間は1分でした!

事前予約は公式ホームページで、丁寧に紹介されていますので、利用してみてください。
https://www.yoshinoya.com/service/bentou/

ちなみに、牛丼10個以上の予約で、牛丼(並盛)の無料券がもらえるそうです!
職場や大人数での注文時には嬉しいサービスですね。



吉野家での頼み方!【まとめ】

吉野家での頼み方は、とてもシンプルです。初めてだと心配するかもしれませんが、お店で直接注文する場合も、事前予約もわかりやすいシステムです。初心者でもスマートに注文できると思います。

また、事前予約をしておけば、混雑時も待つことなく受け取ることができます。
持ち帰りの容器も保温性に優れているので、自宅でも温かいお店の味を楽しめます。

皆さんも、吉野家の味をじっくり味わってみてくださいね。

吉野家

Posted by tassyon