「和食さと」のうなぎの産地?国産それとも中国産か評判も解説!

今回は、「和食さと」で季節限定で販売されているうなぎメニューについて、解説していきます。

グランドメニューの中にもうなぎのメニューは用意しているようですが、一の丑、二の丑の時期にはうなぎメニューがボリュームアップして販売されています。


画像はイメージです。本文との関連はありません。


2021年は9月1日まで「四季めぐり膳(うなぎちらし)」「ひつまむしとうなぎそうめん膳」などが販売されていたようで毎年メニューは変わるようです。

「和食さと」で使用されているうなぎの産地はどこなのか?

また、安全性ついても解説していきたいと思います。



スポンサーリンク




「和食さと」のうなぎの産地について

うなぎといえば気になるのが産地ですね。

ずばり国産か中国産かといったところですが、店舗に確認してみましたが、詳細を知ることができませんでした

一説には、日本に流通されている活うなぎの約6割が中国からの輸入品だといわれています。

国産うなぎの1キロ当たりの相場は、年度によって異なりますが、約5,000円程度になりますので、「和食さと」の場合は比べるとかなり安いのでおそらく輸入品ではないかと思います。


「和食さと」のうなぎの評判

「和食さと」のうなぎの評判は、おいしいことはもちろん、テイクアウトや期間限定の割引サービスも充実しており、とても好評を得ています。


中国産のうなぎの安全性は大丈夫なのか?

中国産と聞くとあまり良いイメージがなく、抵抗を感じる方も多くいます。

2005年に中国産の養殖うなぎからマラカイトグリーンという合成抗菌剤が検出され、一時期中国が輸出禁止するということもありました。

うなぎ以外の食品でもそのようなことがあったため、厳しい目で輸出されるようになりました。

うなぎに限らず日本に輸出される食品は、残留農薬などを検査して輸出されています。

また、空港などにある検疫所で検査して、ここでも基準値を上回る農薬などが検出された場合には、破棄されたり返品されます。

さらに地方自治体の保健所も監査をしています。

定期的にスーパーなどで売られている海外産のうなぎを抜き打ちで検査していたりもするそうです。

これらの厳しい目があるため中国からはいってくる食品が安全かどうかかんりされているのです。

以前より安心して海外産のうなぎも食べられるようになりました。


中国産うなぎと国産うなぎの味の違い

中国産のうなぎは厚みがあり、食べてみると弾力を感じたり、脂がよくのっているため、これをしつこく感じたり、雑な大味だということが言われています

中国産が、肉の厚みがあり食感が大味なのは、養殖の仕方に特徴があります。

中国では見栄えをよくするために、とにかくうなぎを太らせて大きくするという傾向があります。

そのため肉がぼってりと厚くなってしますのです。

これに対して国産のうなぎは身が薄く固めであっさりとした味だといわれています。

日本人が食すうなぎの大半が中国産のうなぎなので、「和食さと」のうなぎに限らず、抵抗なく普段から食されているのです。





スポンサーリンク




「和食さと」のうなぎの産地?【まとめ】

「和食さと」で使用されているうなぎは、おそらく中国産だと思われますが、昔とは違い品質も良く、しっかり検査されたものが輸入されているので安心して食べられるのではないでしょうか。 

日本人にとってうなぎは、身近な食材ではありますが高価でめでたい食材でもあります。

そういう食材を安価でおいしく、安心して食べられるように、「和食さと」では毎年様々なメニューで販売してくれています。

関東・関西を中心に展開されている「和食さと」が身近にある方は、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

今回は「和食さと」で使用されているうなぎの産地は国産か中国産か?その安全性について解説しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA