びっくりドンキーの【びっくりコーラ】が消えた?消えた理由や、量と値段を教えて!

びっくりドンキーにびっくりコーラがあったことをご存じですか?

私は初耳です!

びっくりコーラなる商品があったのですね⁈


いったいどのようなものだったのでしょう?


びっくりドンキー = びっくりコーラと言っても過言ではない程、有名だったようですね。

根強いファンが多くインターネットでは『青春の1ページだったのに』や『メニューを見て無くなっていたから驚愕した』と悲しみの声が広がっていました。


びっくりコーラを愛して止まないファンからは復活を願う声が多いです。

知れば知るほど飲みたくなります!



スポンサーリンク

きっと映えるびっくりドンキーのびっくりコーラ!

当時発売されていたびっくりコーラは、大きなトロフィーのようなジョッキにコーラがたっぷり入っていたようです。

とにかくこのジョッキが大きかったようで、感激した人は写真に残しいたようです。


びっくりコーラだけでお腹いっぱいになりそう。

今でもこのびっくりコーラがあれば、SNSで映えたに違いない!



びっくりドンキーのびっくりコーラが消えた理由は?

びっくりコーラが消えてしまった理由は、お客様を一番と考えるびっくりドンキーの社長がお客様の健康を配慮して廃止を決定しました。

1.ひとむかし前は、コーラを飲むと骨が溶けるという都市伝説がありました。

(当時は都市伝説とは言いませんでしたが)この噂は、本当なのでしょうか?

答えは事実です!


コーラに限らず清涼飲料水には酸味料が含まれていて、この酸が骨や歯の成分であるマグネシウムとカルシウムを溶かす性質を持っています。

だから長期に渡りコーラを大量に摂取すると骨や歯が溶けてしまいます。



2.350gのコーラは137キロカロリーあります。

びっくりコーラは620gあり、カロリーにすると243カロリーとなりカロリー摂取過剰になります。



この2点により健康を害する可能性がある為、びっくりコーラは無くなってしまいました。




びっくりドンキーのびっくりコーラ詳細を教えて!量と値段は?

販売されていた当時のびっくりコーラについて調査してみました。

店舗によってジョッキが異なっていたようですが、量は同じでBIGサイズです。

コーラを飲み進めていると中の氷が溶けて更にコーラの量が増えたようです。


量 … 620g(ペットボトルの約2倍の量です。)
カロリー … 243カロリー
料金 … 302円
味 … 普通のコーラ



びっくりドンキーで点字メニューも用意しています

びっくりドンキーでは、多くの人に利用してもらえるように点字メニューも用意しています。

1994年に点字メニューを導入し、入口にはスロープを設置、多目的トイレを取り入れるなど小さい子供からお年寄り、障害をお持ちの方にも優しい店作りをしています。


視覚障害のある方が外食をする時は、同伴者や店員さんにどんなメニューがあるのか、焼け具合はどうかなど事細かに聞かなければ、食べたいものが食べれません。



なかなか時間がかかるので一緒に来た人や忙しい店員さんに気を使ってしまい、食べたいものではなく簡単に注文できるものを頼むことが多いそうです。



びっくりドンキーでは、そのようなことが無いように工夫を凝らした点字メニューができました。

点字と大きめの活字が記載され、メニューには細かな説明付きどんな料理なのかが想像できるようになっています。



150g・300gのハンバーグの大きさが分かるように点字で円を描きサイズが伝わるように工夫されています。

商品情報の詳細だけではなく、店舗の営業時間を記載するなどの心遣いがされています。



びっくりドンキーのびっくりコーラが消えた?【まとめ】

びっくりドンキーの幻のメニュー『びっくりコーラ』

人気メニューの一つでしたが、お客様の健康を害する可能性がある為、びっくりドンキーの社長が販売を廃止しました。

メニューから無くなった今でも復活を望む声が多いです。



幻のびっくりコーラは、大きなトロフィーのジョッキに入っていて、量はペットボトルだいたい2本分に相当します。


それに伴いカロリーも凄いです。

ストローを2本さしてカップルで楽しみながら飲むのが一番いいかもしれないですね。