ココスのモーニング!提供時間は何時から何時までで時間制限はある?

ココスといえば、お店で焼き上げたパンが自慢の朝食バイキングがあります。サクサクのクロワッサンや、焼きたてのパンの香りは何とも食欲をそそりますよね。

そんなココスのモーニングサービスの実施時間は何時から何時までなのでしょうか?また、一般的には、バイキングには90分などの時間制限がありますが、ココスの朝食バイキングの時間制限は?



実はココスの朝食バイキング、実施時間は店舗によって異なっており、○分といった時間制限ではなく、最終受付時間の30分後までは料理を楽しむことができます。また何時まで利用出来るのかも気になる所ですが、11:30まで店内の利用が可能です。

ただし、注意点もいくつかあるので、今回はココスのモーニングサービスについて詳しく見ていきたいと思います。




スポンサーリンク

ココスの朝食バイキングの提供時間

ココスの朝食バイキングは、冒頭でも述べた通り、60分や90分といった時間制ではなく、時間制限は最終受付時間の30分後まで料理を楽しめます。

どういう事かというと、例えば最終受付時間が10:00の店舗は、料理の提供は10:30までということになります。そしてほとんどの店舗は、この10:00が最終受付です。では開始時間は?と言うと、一部店舗では異なるものの、朝7:00~という所がほとんど(6:00~の店舗もある)のため、なんと3時間以上も利用出来るのです。

時間制のバイキングとは違い、早く行けば行く程ゆったりと朝ごはんを楽しめます。また、11:30までは店内の利用が可能なので、制限時間ぎりぎりに取ってきた料理も余裕で味わう事が出来ますね。時間に余裕がありすぎるので、食べ過ぎには注意です。



ココスの朝食バイキングの価格と注意点

お店で焼き上げたパンと日替わりで提供される豊富な料理のバイキング。
提供される料理内容は日替わりや時期、お店によっても若干異なっているようです。
とはいえ、ドリンクバー付き食べ放題なのに価格は驚きの・・・

平日¥680+税~、土日祝¥780+税~ ※店舗により異なる

ファミレスとは言え、1,000円でお釣りがくるバイキングなんて他にあるでしょうか?
近所にあるなら是非、一度は足を運んでみたくなりますよね。


注意点としては、朝食バイキングは毎日実施している店舗と、土日祝のみ実施している店舗がある事。また朝食バイキングを実施していない店舗もあります。店舗によってそれぞれ実施時間や価格も異なるので、あらかじめ公式サイトで確認するなどの注意が必要です。



バイキング以外の朝食メニュー  ~10:30まで販売

ココスでは、朝食バイキングを実施していない場合、別のモーニングメニューを提供しています。その場合、モーニングメニューは10:30までの販売です。
メニューには以下の種類があります。


洋食:全てドリンクバー付き

・スクランブルエッグor目玉焼き+ライスまたはパン
・フレンチトースト
・トースト


和食:+100円でドリンクバーセット

・焼き鮭orハンバーグor目玉焼き+選べる小鉢+ご飯とお味噌汁
・豆腐雑炊


洋食の場合はドリンクバーが付いている所がポイント。和食でも+100円でドリンクバーが付けられるというのは魅力的ではないでしょうか。
注意点として、以下の事柄があります。

・バイキング同様、毎日提供している店舗と土日祝のみ提供している店舗がある
・販売終了時刻は10:30、ただし販売開始時刻は店舗によって異なる
・富山・石川・福井・岐阜・滋賀・奈良の各県と京都府ではメニューが異なる




ココスのモーニング!提供時間は何時から何時までで時間制限はある?【まとめ】

ココスの朝食バイキングは、全ての店舗で実施されている訳ではないものの、豊富なメニューと1,000円でお釣りがくる低価格に加え、利用時間の長さを考えれば、お得感なら右に出るものはないんじゃないか、と思われる程コスパが良いです。

がっつり食べるも良し、優雅に過ごすのも良し。是非お近くのココスで、たまには旅先のホテルのような朝食の気分を味わってみてはいかがでしょうか。

ココス

Posted by tassyon