ココスでは支払い方法で【suica】は使えるの?

ゼンショーグループが運営するファミリーレストランのココスでは、電子マネーがつかえるのでしょうか。


電子マネーが普及してきた現在、色々な会社から電子マネーや○○payといったようなキャッシュレス決済が出ていますが、suicaは使えるのか気になるところです。

suicaは使えるのか、その他の電子マネーが使えるのか解説していきましょう。



スポンサーリンク

ココスでの支払い方法は何があるの?

ココスでの支払い方法は、現金の他に、クレジットカード、電子マネー、ブランドプリペイドカード(auウォレットやLINEpayカードやソフトバンクカードなど)、デビットカード(VISAやマスターカードやJCBなどの国際ブランドに限ります)、ジェフグルメカード、株主優待券があります。

また、ゼンショーグループで使えるビッグスマイルクラブカードを提示すると、ポイントがたまり、ある程度のポイントがたまれば、500円分のお食事券や一年間有効の割引が受けられたりします。



ココスでsuicaは使える?どのような電子マネーが使えるの?

ココスで使える電子マネーは、CooCaという店独自の電子マネーが使えます。

CooCaは、ゼンショーグループの全店舗で使えるので、利用する機会が多い方は作っておくといいでしょう。



ココスでは、suicaは使えるの?

まずはsuicaの説明をいたしましょう。

suicaはJR東日本が運営している交通系ICカードです。あらかじめお金をチャージしてから使うので、電子マネーの一部になります。

電車だけでなく、たいていのコンビニでも支払い方法で使える上に、モバイルsuicaと言って、携帯電話やスマートフォンでアプリをダウンロードしてから使えて大変便利です。


しかし、ココスでは、suicaは使えません。

キャッシュレス決済をするなら、CooCa、クレジットカード、ブランドプリペイドカード、国際ブランドがついたデビットカードとなります。

ココスでは、CooCa以外はチャージができませんので、CooCa以外のカードを利用する場合、あらかじめチャージしてから利用ということになります。



ココスではEdyやnanacoなどの電子マネーは使えるの?

suicaが使えないならEdyやnanacoやWAONなどの電子マネーは使えるのか気になる所ですが、Edyもsuicaと同じくココスでは使えません。カードを読み取り機にタッチしてかざすタイプの電子マネーは利用できません。

専用の読み取り機を導入することになれば使えるようになりますが、現時点では導入の予定はなさそうです。

nanacoは、セブンアンドアイからの発行、WAONは大手スーパーのイオンからの発行なので、流通系の電子マネーの導入はまだまだ先といえましょう。 


ココスでは支払い方法でsuicaは使えるの?【まとめ】

最近は、2020年の東京オリンピックで外国人観光客が大勢来ると見込まれる中、キャッシュレス決済の導入が急がれています。そ

して、いろいろな会社が○○payといったようなキャッシュレス決済を導入している中、ココスでは、クレジットカードや店独自の電子マネーのCocoCaやブランドプリペイドカードやデビットカードが使えるのは助かる所です。


そして、日本以外の国でも、海外旅行用の国際ブランドのデビッドカードもありますので、普通のクレジットカードの感覚で使え、キャッシュレスの面でいえば、海外からの観光客も利用しやすい店舗といえましょう。

そして、海外からの観光客が洋食を食べたくなった時も、料理はそれなりに種類があるので、キャッシュレス決済に加えて、海外からの観光客も利用しやすい店舗といえましょう。

ココス

Posted by tassyon