ほっともっとのレンチンの温め方と注意点!そのままレンチンは可能か?

リーズナブルな価格に、種類が豊富なお弁当屋さん「ほっともっと」。
子どもから大人の人まで楽しめるお弁当がありますね。

容器はそのままレンチンしてはいけないことはご存じでしたか?

ほっともっとの容器は必ず耐熱皿に移してレンチンする必要があります。


購入後すぐは、作りたての熱々でそのまま食べることが出来ます。

時間が経ち冷めてしまった場合は、ほとんどの人がレンチンで温めなおしますよね。
電子レンジは、容器によっては移しかえて行う必要があります。

ほっともっとの容器もその一つで移しかえる必要があります。

今回は、ほっともっと弁当の温め方とその注意点について詳しく解説していきます。



スポンサーリンク



ほっともっと弁当はレンチン不可

冒頭文でも解説しましたようにほっともっと弁当はレンチンが不可です。

残念ながらほっともっと弁当は耐熱容器に入っていませんので電子レンジには向いていません。

容器を耐熱容器に移し替えてからレンチンするようにしてください。




ほっともっと弁当の温めた方

温め方として、電子レンジかフライパンがおすすめです。

ほっともっとで購入した弁当は、約1時間の保温性機能をもった容器での販売がされています。

容器の原料は、発砲スチロール。

それ以上時間が経ってしまえば、当たり前ですが冷めてしましますよね。

よって、冷めてしまったお弁当は温めなおす必要があります。

ほとんどの人が電子レンジで温め直しますが、炒め物などはもう一度フライパンを使って温めなおすのもひとつの手です。

揚げ物ですが、わざわざ揚げなおす必要はありませんが、電子レンジだとフニャっとなってしまいますので、軽く焼くと美味しくいただけます。

テイクアウト専門店ですので、持ち帰って、あるいはどこか外出先での飲食ということになります。

購入後はできるだけ早く召し上がってほしい願いもありますが、何らかの理由ですぐには食べれないなんてこともありますよね。

盛り付けもキレイにされており、作る側も具材の入れ方、盛り方等食べる人のことを思って丁寧に作っています。

移しかえるとなると、少なからずグシャっとなってしまったり見栄えはあまりよくありません。

作り手の人のことを考えると、まずは出来立てを美味しく食べることを1番に考えましょう。


ほっともっと弁当をレンチンする場合の注意点

冒頭でも説明しましたが、容器は移しかえましょう。

販売されている容器は、発泡スチロールで電子レンジに対応できないものになっています。

また、丼ものなら問題ないですがおかずセットを購入した場合、サラダや漬物も添えられていますので、一緒にはレンチンできず結局移しかえることになります。

でも正直、移しかえるのって面倒。

そのままレンチンできる容器にしてくれればいいのにって思いませんか?

実は、「出来立てをすぐ食べてほしい」というほっともっとの願いから推奨されている容器でもあるからです。

コスト面を考えて、どれだけリーズナブルで豪華なものを、お客様の手元に届けられるのかというのも計算されています。

実際に、軽量化を実現し環境にもお財布にも配慮された容器での販売になっています。


仮に容器のままレンチンするとしても、約1分を目安にしてください。

基本的にレンチンはおすすめはしませんし、あくまでも自己責任でお願いします。

容器に穴が空いて破損したり、容器の匂いが食べ物に移りますので注意して下さい。



スポンサーリンク




ほっともっとのレンチンの温め方は?【まとめ】

今回はほっともっとのレンチンの温め方について解説しました!

ほっともっとの弁当の温め方とその注意点として

容器は耐熱皿に移しかえて行う
炒めもの・揚げ物などはフライパンで温めなおす
容器は発泡スチロールのため、保温性は1時間ほど
そのままレンチンする場合は1分まで
1番は出来立てを食べること!

以上を注意して、冷めてしまったお弁当も美味しく食べましょう。

ほっともっとは、次々と新しいお弁当が発売されており、味に飽きないお弁当屋さんです。
またキャンペーンやアプリの導入を行っており、立ち寄りやすくなっています。

子ども向けの弁当やオードブルなど、多数取り揃えていますのでこれからもぜひ利用していって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA