ロッテリアのアレルギー情報を一発で調べる【衝撃】の方法とは?

現在、小児アレルギーを含めアレルギー患者の割合が増加しているようですね。
そんなアレルギー患者の悩みの1つがファーストフード店などでのアレルギーです。


身近で頻繁に訪れるファーストフードであるからこそ、アレルギーの情報はしっかり把握しておきたいですね。
今回はファーストフード店の中でも、人気店舗の1つ「ロッテリア」のアレルギー情報にスポットを当ててロッテリアの商品とともに紹介したいと思います。

アレルギーが気になる方でロッテリアに行く際は是非、参考にしてください。


スポンサーリンク

アレルギーとは?

まずはアレルギーに関する説明を改めてしたいと思います。
アレルギーとはその抗体が体の中に入るとアレルギー反応を起こし、呼吸困難や湿疹、最悪アナフィラキシーによる死に至る場合もあります。

特定の食品としては卵、エビ、小麦、乳製品、そば、カニ、落花生の7品目です。

ほかにも大豆などがあります。
アレルギーを発症すると日常生活にかなりの影響がでます。現在は、アレルギー物質を少しづつ抗体を体にいれ、発作を起こしにくくする治療もあり不治の病でしたが、今は治ることもあります。

ロッテリアのアレルギー情報を調べるには?

ロッテリアの商品のアレルギー情報を調べるには公式サイトを確認するのが一番です。

公式サイトからアレルギー情報を調べられるPDFファイルが公開されています。


からあげっと

ここでは、ロッテリアの商品の中でも特にアレルギーが気になる情報を見ていきたいと思います。
まずは誰もが食べたことがある~からあげっと~のアレルギー情報です。
主なアレルギー物質は原材料である小麦、卵、乳成分、大豆、鶏肉です。


混入の可能性のあるアレルギー物質はエビ、かに、牛肉、ごま、さけ、バナナ、豚肉、リンゴ、ゼラチンです。

からあっげとのアレルギー物質は以上です。混入の可能性がある食品がかなりあるのでこれらのアレルギーをお持ちの方は食べるのは少し注意した方が良いと思います。

バニラシェーキ

ここではバニラシェーキについてのアレルギー物質を見ていきたいと思います。まずは原材料からです。原材料では乳製品、大豆、ゼラチンですが、混入の可能性があるのはオレンジのみとなっています。

今回紹介する商品の中では最もアレルギー物質が含まれていないので上記のアレルギー物質以外の方は飲みやすいのではないでしょうか。

シェーキは機械の中に入っているので他の商品のアレルギー物質が混入する恐れはあんまりありません。いちよ、味もいっぱいあるので飲むときは店員さんに聞いてみてください。



ふるポテ

ふるポテにはかなりの味があります。味によってアレルギー物質も変わってきます。今回はすべてのアレルギー物質を紹介していきたいと思います。

ふるポテ(めんたい風味以外) 原材料 小麦 乳成分(コンソメ以外)大豆 鶏肉()バター醤油のみ
ふるポテ(明太風味) 原材料 えび 小麦 卵 乳製品 さけ 大豆 鶏肉 豚肉

ふるポテでは味がたくさんある分アレルギー物質も上記のとおり異なるのでちゃんと確認してみてください。ふるポテは普通のポテトとは全然違うのでそこは確認してみてくださいね。



ロッテリアのアレルギー情報を一発で調べる方法は?【まとめ】

今回はいろいろな商品のアレルギー情報を見ていきました。特にですが、上記のメニューはとても人気があります。これらの商品でもアレルギー商品はありますのでかなり注意が必要です。ロッテリアにも低アレルゲン商品は存在します。

もし、上記のメニューが食べれない人でも低アレルゲン商品はたくさんあります。

また、ロッテリアのカウンターの横には全商品のアレルギー情報が書かれたものがあります。もし、アレルギー物質がはいっているか心配なら必ず、そのアレルギー情報を見てください。アレルギーを気にせずにロッテリアのメニューを楽しんでください。

アレルギー情報があるのはロッテリアだけですので他のファーストフード店でのアレルギーが気になるのなら是非、ロッテリアに行ってみてください。