すき家の牛丼を持ち帰りにしたら、【レンジ】で何分あっためる?

すき家の牛丼は知っているとは思いますが、持ち帰りでも楽しむことができるんです。

家で牛丼とビール・・・。最高ですよね!


なんといってもすき家のお持ち帰り牛丼は、種類が豊富です!

今回はすき家の持ち帰り牛丼について紹介していきますね。


持ち帰りの容器のままでレンジで温められるのか、何分くらい温めるのがベストなのか?

などなど、おいしく牛丼を温められる参考になればと思います。



スポンサーリンク

すき家持ち帰り牛丼

すき家の持ち帰り牛丼は14種類もあります。
これはなかなか種類が多いですね。

価格は、牛丼が並盛で350円。
キムチ牛丼 並 480円
ネギ玉牛丼 並 480円
とろ~りチーズ3種のチーズ丼 並 500円

まだまだありますが、どれもおいしそうでそれぞれ種類が違った牛丼ですね。
これだけあれば牛丼でも飽きないはず。

一人ワンコインぐらいなので家計に優しいし、子供たちは大好きだしいいことだらけです!

子供たち、私が作った牛丼はなかなか箸が進みませんがすき家の牛丼ならめちゃめちゃ食べる・・・。

ちょっと傷ついちちゃうなあ・・・。



すき家の持ち帰り容器

すき家の持ち帰り牛丼を容器に入ったままでレンジでチンすると、容器の形が変わってしまうことがあるんです。

というのはすき家の持ち帰り容器は、保温性や遮熱性の高い材質でできているんです。


これによって、多少の時間がたっても牛丼に温かさを残すことができます。

しかし、高温が苦手な材質でもあるのでレンジでチンすると形が変わってしまうという事なんです。



なので、容器を移し替えてから温めるようしましょう!

持ち帰り牛丼を温めるコツです。ひとてまかけておいしく食べましょう。



レンジで温めなおせばおいしい牛丼が食べれるので、子供たちにもできるというのが嬉しいですね~。

うちのレンジは古いレンジなので、一回につき二個温めるとかなり時間がかかってしまうので一個づつ温めます。

順番が待ち遠しい子供たちは、いつもそわそわしながらキッチンにいるのが笑える!



すき家の持ち帰り牛丼の温め方・レンジで何分?

すき家の持ち帰り牛丼の温め方です。

まず牛丼を別の皿に移し替えます。

そして、ふんわりラップをかけて600Wで2~3分温めます。

ここで、ピッタリラップをはってしまうとラップが破裂してしまうことがあるので気を付けてくださいね。

あまり温めすぎると、肉が堅くなったり肉が黒くなったりしてしまいます。

あつあつで、堅めの肉が好きなど人それぞれん好みがあるので2分くらいから少しづつ試していくのもいいですね。

子供たちに必ず聞かれるのが「何分温めるの~?」です。


とりあえず2分と伝えて温めてみると、まだぬるいとか、結果なんだかんだと言われますが子供には適当が難しいんですよね。

様子見ながら少しずつ・・・うちの子には難しいみたいです。



まだまだ「あと何分~?」からは抜け出せなさそうです・・・。

ちなみに、これって子供だけじゃなくてご主人も言いますね。

大人なんだから自分で適当にやってよ~って思いますが・・・。



しかし、温めるのにもおいしい時間があるので大事ですね!

温める時間のちょうどよい時間はこれからも追及していきたいと思います。




すき家の牛丼を持ち帰りにしたら、レンジで何分あっためる?【まとめ】

今回は、すき家の持ち帰り牛丼を紹介しました。

すき家の牛丼は持ち帰りメニューが多いですね!

ちょっとひと手間、容器を移し替えるという事がありますがとても魅力的です。



レンジで自分好みのおいしい時間を確認していこうと思いました。二分が目安ですね!

万年ダイエットの私には、牛丼の種類の多さが強敵です!

キムチ牛丼もネギ玉牛丼も高菜明太マヨ牛丼もおいしそう~!

毎日でも食べれちゃう~・・・。


炭水化物はダイエットの敵と分かっていても止められないな~。

すき家

Posted by tassyon