ジョナサンのベビーチェアの種類や安全性!何歳まで使えるの?

小さいお子様をお持ちのご家族が外食をするとき、いつも気になることがあります。

それはその店が子連れでも大丈夫なのかどうか?という事です。なかには子供が騒いだり、ぐずったりするのを嫌う店もありますよね。露骨に嫌な顔をどこか子連れでも安心して使える店はないかお考えの方たちに朗報です。

今後ファミレスのジョナサンを選択肢の一つに入れておくことをお勧めします。


ジョナサンには多くのベビーチェアを揃えており、パパやママたちへの配慮も欠かしません。ジョナサンではお子様連れのお客様に対してどのように考えているのか?どのような環境なのか?気になるところを全て解説いたします。これを読んでいただけたら、何人子供を連れて行っても安心だと確信頂けると思います。


スポンサーリンク

ジョナサンのベビーチェアはどのようなもの?

ジョナサンにベビーチェアがあるのは理解して頂けたかと思います。

しかし、どんなタイプなのか?気になりますよね。店舗によって多少の違いはあるようですが大きく分けると2種類あります。
椅子型のタイプと置き型タイプです。ジョナサンの客席は椅子とソファが混在しております。

椅子タイプのベビーチェアは大人用の椅子はどかして子供イスを置いて使用します。置き型のベビーチェアはソファの上に直接置いて使用します。共に木製のもので、気の温かさが感じられるものです。

おそらく順次新しいものに入れ替えているようですが、古いタイプのものは歴史を感じさせるものもあるのは事実です。余談ですが同じすかいらーくグループの「バーミヤン」にはベビーチェアは勿論、首の座っていない赤ちゃんの為に「ベビーベッド」が存在します。参考までに。


ジョナサンのベビーチェア、安全性と清潔感

上述したようにジョナサンのベビーチェアは店舗によって種類や新しさの違いはある様です。

また、新旧の違いもあり、ベルトが付いているものとそうでないものがあります。新しいものはテーブルに固定できるタイプで大変安定感があります。お子様の状態にもよりますが、ベルト付きや固定型をお望みの場合、直接店舗に問い合わせることをお勧めします。快く対応してくれるかと思います。


使い方は?

入店すると店員さんは既にお子様に目が行っている筈です。何人いるのか?どのようなタイプのベビーチェアがいいのか?どの席がいいのか?瞬間的に頭の中に浮かぶような教育を受けております。

お席にご案内しながら必要分のベビーチェアを持ってきてくれます。
設置する位置はご家族のご意向もあるかと思いますが、熱々の料理が運ばれてくる側にベビーチェアを設置できないマニュアルがジョナサンには存在します。

その為、設置場所はお任せした方が無難でしょう。また、テーブルに固定するタイプはコツが必要です。これも店員さんお任せしてください。追加で使用したいときも一声かければ対応してくれるはずです。




ベビーチェアは何歳までOK?

ベビーチェアの使用に関し、ジョナサンでは特に年齢を制限するマニュアルはありません。使うかどうかの判断は、あくまでも店員さんの主観で決められています。

小学校の高学年でも小さめの子様は使ってOKですし、注意されることはありません。必要なときは遠慮なく申し出た方がよいです。



ジョナサンのオムツ替えシート

ジョナサンには赤ちゃん用のオムツ替えシートが設置されています。ほとんどの店舗でトイレ付近に設置されています。

実はこのおむつ替えシート、ジョナサン創設時にはありませんでした。

その為、古くから存在する店舗においては増設された可能性が高いのです。中にはおむつ替えシートの部屋が多少狭く感じられる店舗もありますのでご注意ください。




ジョナサンのベビーチェアの種類や安全性!【まとめ】

ジョナサンを始めとするすかいらーくグループの経営理念は「価値ある豊かさの創造」です。

「ひとりでも多くのお客様に、安くて美味しい料理を、気持ちの良いサービスで、清潔な店舗で味わって頂く」というものです。

ここで言う「ひとりでも多くのお客様」とは赤ちゃんからお年寄りまでという意味です。それぞれの年齢や性別の方々に見合うサービスを常に模索しています。その為、お子様連れでも安心して来店することが出来ます。