ジョナサンでクオカードは使える?使えなくなった理由はコレ!

皆さんはクオカードをよくご存じかと思います。

クオカードは贈答品としてもよく用いられる全国共通の商品券で、日本を代表するプリペイドカードの一つです。クオカードを使える店舗は57,000店にも及びます。


その業態も様々ですが、もっとも馴染みがあるのはコンビニでしょう。

コンビニで使えるとなればファミレスではどうでしょうか?今回はファミレスの代表であるすかいらーくグループの「ジョナサンでクオカードは使える?」というテーマでお話ししたいと思います。

答えから先に申し上げますとジョナサンを始めとするすかいらーくグループではクオカードは使えません。2018年6月30日をもって取り扱いは終了しております。

という事は以前のジョナサンでは使えていたという事です。ではなぜ使えなくなったのか?となります。この先読み進めて頂ければなぜ使えなくなったか、代わりに何が使えるか、など疑問点がすべて解決すると思います。



スポンサーリンク

ジョナサンでクオカード使えなくなった理由

ジョナサンでクオカード、使いたかったのになぜ取り扱いを終了したの?という声が聞こえてきそうです。正確な答えはジョナサンの上層部に聞かないとわかりません。グループ内の店舗で店長を長年経験してきた私が推測を交えてお答えしたいと思います。


suica、PASMOなど交通系ICカードの出現

2000年以降、徐々に世間に浸透してきた交通系ICカード。いまや一人一枚以上もっているような状態となってきました。その利用先は公共交通機関だけにとどまらずコンビニやファミレスにも及んでいることは周知の事実です。単純にそのニーズが高まってきたという事が考えられます。


レジオペレーションの簡素化を図る

ジョナサンははじめとするすかいらーくグループのレジ会計は本当に多くの会計方法に対応しております。それに伴う専用カードリーダーや付属物がレジ周りに多くあります。従業員の混乱を少しでも緩和する為に、使用頻度の低いクオカードを廃止したと予想されます。


以上が大きな理由かと思います。ジョナサンにクオカードが導入されてから長い年月が経過しております。
その間クオカードを使うお客様は実はそれほど多くなかったと記憶しております。

新規でクオカードを販売する手順などは店長クラスでも少し戸惑ってしまうなんてこともありました。その点からもジョナサンでクオカードが廃止されてもうなずける話だったのではないでしょうか?




クオカード以外にジョナサンで使える電子マネーは?

2019年6月現在、ジョナサンで使用できる電子マネーをまとめてみました。
一度ご覧になってからお出かけすることをお勧めします。

iD・楽天Edy・QUICKPay+・Kitaca・PASMO・Suica・manaca・TOICA・ICOCA・nimoca・はやかけん・SUGOCA

以上がジョナサンで使用できる電子マネーです。その他クレジットカードや商品券などにも対応しております。不明な時は店員さんに確認してから注文すると良いでしょう。


ジョナサンでクオカードは使える?使えなくなった理由はコレ!【まとめ】

クオカードは使いきれない事が多く、余りがちになってしまうものです。その使い道として頻繁に行くジョナサンで使えるのは理想だったのは事実です。取り扱われなくなったのは本当に残念に思うのは私も同様です。

状況を考えるとクオカードが再度ジョナサンで使える様になる可能性は低いかと思われます。しかし、ジョナサンの会計はどんどん進化しています。今後もその流れは変わらないでしょう。

それを証拠に上述のICカードに対応し始めてまだそれほど長くは経過しておらず、その数も増えています。また、これはまだ宅配のみですがジョナサンがpaypayにも対応し始めました。今後は店内会計にも導入することが発表されています。


このように進化し続ける会計方法に我々が対応し、お得な手段を勉強することが求められています。クオカードは確かに手軽で便利です。しかし、ジョナサンで使われなくなったことに悲観してばかりもいられません。