ジョナサンに離乳食メニューはある?持ち込みもできるの?

毎日の子育て、楽しくもあり大変でもあります。

そんな毎日の中、たまにはみんなで外食して気晴らしをしたいところですね。でも赤ちゃんを連れてゆくとなると色々と問題点が浮かんでしまい、足が遠のいてしまうのも現状です。

特に離乳食の問題は欠かせません。


そこで今回は、赤ちゃんに優しいファミレス「ジョナサン」での取り組みをご紹介したいと思います。

残念ながら数年前にジョナサンは離乳食の販売を終了しております。離乳食の販売が中止されたからといって、赤ちゃんを連れて行けないかという発想になる必要はありません。

ジョナサンは赤ちゃん連れでも安心して食事が出来る環境です。その点を強調してご案内したいと思います。


スポンサーリンク

ジョナサンの離乳食無くなった理由

以前はジョナサンでも離乳食を販売しておりました。

ではなぜ販売を中止してしまったのでしょうか?ここからはあくまでも推測となってしまいますが、月齢に合わせた離乳食の提供が出来なかったのだと思います。

提供するからには本格的に行いたかったのでしょうが、離乳食の種類の多さに対応しきれなかったのだと思います。また、離乳食はとてもデリケートな為、「下手なものは提供できない」という責任感の問題もあったかと思います。

いずれにしても、提供しない=赤ちゃん禁止という構図にはなりません。ジョナサンを始めとするすかいらーくグループはどのような年齢層の方に対しても温かく受け入れてくれるファミレスです。

その点は全くブレていません。ご心配なく。




離乳食の持ち込みは出来る?

ジョナサンに離乳食は持ち込めるか?この質問の答えはグレーです。

ジョナサンを始めとするすかいらーくグループには「離乳食持ち込みOKです」とするマニュアルなどはありません。しかし、逆を言うと「離乳食を持ち込んだ方に対して注意を促しなさい」とするマニュアルも存在しません。

黙認というのが答えの様です。私も過去にグループ内の店舗で店長をしておりました。
何度が離乳食に対する問い合わせも受けましたが、快くOKをしておりました。

粉ミルクのお湯を提供したり、離乳食を温めたりして差し上げました。店舗の店長によって多少温度差があることも事実です。

ご不安があれば該当店舗に問い合わせてお出かけになると良いでしょう。ただ、離乳食を食べた後の空容器は持ち帰るのが親切です。

また、赤ちゃんが泣きだしたら一度店の外に連れてゆく等の配慮も必要です。皆さんがルールを守って利用して頂けたらどの店舗でも快く受けてくれるかと思います。



赤ちゃん、お子様に優しいジョナサンの環境

上記の様に、ジョナサンには離乳食がありません。しかし、広々とした店内は赤ちゃん連れでもゆっくりとくつろげます。

お子様チェアーだけでなく、赤ちゃん用のベッドまであります(数量限定)。ピークタイムは赤ちゃんだけでなく、お子様連れのご家族で賑わいます。その為店内は多少赤ちゃんが泣いたとしてもさほど気になりませんが、あくまでも節度の範囲内の話です。



ジョナサンのお子様メニュー

ジョナサンのキッズメニューは2歳から注文することが出来ます。

ハンバーグやカレー、うどん等セットで提供されています。また、低アレルゲンのカレー等アレルギー体質のお子様にも優しいメニューが揃っております。赤ちゃんだけでなく、少し大きくなったお子様にも来店しやすい環境が整っていますね。




ジョナサンに離乳食メニューはある?持ち込みもできるの?【まとめ】

離乳食の持ち込みに関しても、すかいらーくの上層部は「仕方ない事」と認識して頂いている様子が伝わってきます。

ジョナサンから離乳食がなくなって数年が経過していますが、それでも赤ちゃんを連れた多くのご家族が来店しています。

それだけ赤ちゃん連れで入りやすいファミレスなのでしょう。離乳食が無くてもジョナサンは赤ちゃんからお年寄りまで幅広いお客様に対して優しく迎えてくれるところです。

「三つ子の魂百まで」ということわざにある様に「三つ子の魂は百までジョナサン」という考えの元にあるのかもしれません。