ジョナサンでドリンクバーだけの注文はあり?値段や種類もご紹介!

都市型ファミレスの代表格であるジョナサン、生活の様々な場面で利用する機会があるかと思います。
食事は勿論、会合や打ち合わせなどでも使われる機会も多い事でしょう。その際に不可欠なのが「ドリンクバー」です。そのジョナサンのドリンクバーを巡り、今、様々な憶測が飛び交っております。


ドリンクバーだけの注文はできるのか?ドリンクバーを注文すれば、ジョナサンで勉強できるか?などがそれです。

勿論、ジョナサンはレストランですから食事を注文するのがベストです。ただ、その限りでない状況の方も多くいらっしゃいます。


そこで今回は、ジョナサンのドリンクバーについてお話ししたいと思います。これを読んでいただけたらジョナサンでドリンクバーだけを注文することに抵抗感はなくなるかと思います。


スポンサーリンク

ジョナサンのドリンクバーの種類は?

ジョナサンのドリンクバーは「ジョナカフェ」という名称で親しまれており、その種類はとても充実しています。

まずは定番の清涼飲料水は24種類あります。
その清涼飲料水を色々組み合わせ、オリジナル清涼飲料が作れます。

エレガントアールグレー、レモングラスブレンド、ローズヒップ・ハイビスカスブレンド等、10種類の茶葉が選べるティーコーナー。体を気にされる方は大麦若葉&ケールの青汁、野菜&果実ミックス、季節の果実ドリンク等々の健康コーナー。極めつけは「J`S  COFFEE」です。

季節ごとにジョナサンが厳選したコーヒー豆を使用しています。

豆はドリンクバーで出すレベルを超えていて、配合比率にこだわって提供されています。香り、コク、共に専門店に引けをとりません。これだけ充実しているのですから、ドリンクバーだけでも十分楽しめてしまうのもうなずける話です。



ドリンクバーだけの注文は可能?価格構成

ジョナサンのドリンクバーだけ単品での注文は可能です。

初めに単品でドリンクを注文されると単品価格でのレシートが作られます。その後に何か一品でも料理を注文されるとセット価格に変更されます。単品での注文は人数分必要です。

価格は単品であれば¥399(税抜)、平日ランチタイム(AM10:30~15:00)はスイーツ以外の料理を一品注文すればセットドリンクバーとなり¥199(税抜)。それ以外の時間帯でのセットドリンクバー価格は¥299(税抜)となります。平日ランチライムの一品注文はスイーツだとセット価格になりませんのでご注意ください。




ジョナサンのドリンクバー需要

このように現在ではドリンクバーの単品価格が設定されていますが、元々そのようなものはなく、全て同一価格で設定されていました。

しかし、利用動機の多様化をきっかけにドリンクバーのみの利用者が増えたため、ドリンク単品価格の設定に踏み切ったのです。
そのような価格設定にも関わらず、ドリンクバーのみの利用者は後をたたず、現在でもアイドルタイムを中心に相当数の方が利用しています。

ビジネスの打ち合わせや時間つぶし、ママ会や勉強学生とドリンクバーのみの注文で時間を過ごしています。ドリンクバーのみだったら怒られるのではないかとお考えの方、ご安心ください。今日はドリンクバーのみですが、週末には家族と食事を楽しんでくれるとジョナサンは考えています。


ジョナサンでドリンクバーだけの注文はあり?【まとめ】

1992年、日本で初めて「ドリンクバー」が設置されました。同じすかいらーくグループの「ガスト」での出来事です。

セルフサービスで、好きな飲み物を好きなだけ飲むことができるドリンクバーは初め賛否両論でした。しかし、次第に受け入れられるようになり、ガストでは全国へと発展します。その後、ドリンクバーはそれぞれのお店で名称を変え、独自の発達を遂げるようになりました。


当初、選べるドリンクも数種類だったのですが、現在では迷うほどの種類を取り揃えています。ホットやアイス、お茶やスープなどとても充実していますね。その為、ドリンクバーだけでも十分満足できるようになってきました。「ドリンクバーだけの注文」はこの辺りから始まっていると考えられます。